ここから本文です

小学生の子供に、児童精神科から抗不安薬が出ることもあるのでしょうか?もし、出...

kom********さん

2007/12/921:38:11

小学生の子供に、児童精神科から抗不安薬が出ることもあるのでしょうか?もし、出された際には、何か問題点があるのでしょうか?

閲覧数:
10,260
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nya********さん

2007/12/1220:50:58

子どもにも抗不安薬を使用することはあります。体重にあわせて薬の量は調節しますが。
緊張が強かったり、不安が急に強くなったりするとき、怖がって寝付きが悪いときなどは、抗不安薬を使用することがあります。

病名とかお子さんの状態が分かりませんが、
たとえば、
「セルシン」:小児に用いる場合には、3歳以下は1日量ジアゼパムとして1~5mgを、4~12歳は1日量ジアゼパムとして2~10mgを、それぞれ1~3回に分割経口服用する。
「バランス」:小児は、1日クロルジアゼポキシドとして10~20mg(100倍散の場合は1~2g、10倍散の場合は0.1~0.2g)を2~4回に分割経口服用する。
「リボトリール」:通常成人、小児は、初回量クロナゼパムとして、1日0.5~1mgを1~3回に分けて経口服用する。
そのほかにもいろいろとあります。

問題点、ということですが、副作用という意味で解釈してお答えします。共通する副作用として、眠気、ボーッとする、注意力・集中力低下、ふらつき、めまい感、けん怠感などがあります。
小学生でお使いになるときは、服用しているときはひとりで自転車に乗らないことや、器械運動など種目によって体育は見学すること、などを守るように教えてあげてください。このあたりは医師にもよく聞いてみてください。

ところで、上の薬の中で、抗不安薬として使われているけれど、別の用途でほとんど子どもにしか使わない同じ成分の薬があります。それはどれでしょう?
・・・・答えはセルシン。セルシンの主成分ジアゼパムは、熱性けいれんの時に使うダイアップ坐剤と同じです。
こう聞くと、抗不安薬がそんなに特別なお薬でないことが何となくわかるのではないでしょうか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

syo********さん

2007/12/922:16:54

病名も、症状も書かれてないので判りかねますが、社会不安障害か何かでしょうか?
病名が、確定出来ない場合、精神科ではどの薬に反応するかを手がかりにする場合があると聞きました。
もし、社会不安障害で、投薬の必要があると医師が判断すればSSRIの投与が始まるかも知れません。

http://www.oct.zaq.ne.jp/afalx209/hataclinic/mind/syakaifuan.html

kam********さん

2007/12/922:00:55

医師が診察して必要と判断した時は処方があると思います。
問題点・・・とはどんな事を指すのでしょうか。
児童精神科や他の科でもむやみに薬を出す事はありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる