ここから本文です

贈与税の配偶者控除について

ima********さん

2014/11/2409:03:40

贈与税の配偶者控除について

「婚姻期間が20年以上の夫婦であれば、配偶者からのマイホームの贈与については、通常の110万円の基礎控除額に2000万円をプラスした、2110万円までは、贈与税がかからない」
という制度がありますが、この贈与税はどのタイミングでかかるのでしょうか。

本宅とは別に妻名義で別宅の購入を考えています。このような場合、実際に別宅の購入を行った時点で贈与税が発生するのか、資金を妻の口座に送金した時点で発生するのでしょうか。
またこの制度は時限的な措置でいつまでといった期限はありますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

補足別宅という言い方が悪かったですがちゃんと住む予定です。訳あって別居となるということです。

またこの制度は今のところ平成○年の申告まで適応といった期限は無いものと思っておいてよろしいのでしょうか?

閲覧数:
250
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

min********さん

2014/11/2410:20:15

課税のタイミングは申告時ですが、取得のための金銭の贈与が行われた時点、即ち受贈者へ資金が移動した時点で申告の義務が発生したと考えるべきでしょう。
その時点で20年の婚姻期間があり、翌年の3月15日(申告期限)迄に受贈者がそこに居住(住民登録)している必要があります。

実際には資金の口座間移動が直ちに贈与とは見なされませんので、購入した時点でも問題無いと思いますが、資金移動と購入が年を跨がない方が良いと思います。

居住用不動産を取得するための金銭であれば2,110万ですが、その不動産そのものだと評価額で2,110万です。
一旦夫が購入して不動産で贈与すれば、登記費用等が二重になりますが、3,000万位の物件まで非課税にできる可能性があります。

  • min********さん

    2014/11/2412:18:02

    > 平成○年の申告まで適応といった期限

    期限は決まっていないとの、他の方のお答えがあったようですが、削除されていますね。
    でも、少なくとも来年中は大丈夫と思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/11/30 23:13:35

丁寧にありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

ion********さん

2014/11/2410:58:31

別宅は不可です。
その家に住むのが前提です。

贈与税は奥様が翌年3月15日までに申告します。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4452.htm

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ter********さん

2014/11/2409:36:42

別宅・・・別荘〔居住用不動産ではない〕として税務署で否認される可能性あり。

詳しい資料をもって、税務署でご相談してください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる