ここから本文です

肩の脱臼について。 野球をしていて何度も何度も外れる感覚があり、自分では亜脱...

ran********さん

2014/11/2908:22:37

肩の脱臼について。
野球をしていて何度も何度も外れる感覚があり、自分では亜脱臼をずっとくりかえしてると思っていました。
MRIとレントゲンを撮りましたがただの腱板損傷といわれ安静で治

ると言われましたが二年くらいたっていてもなおりません
こんなに繰り返すのは本当はなんの病気なんでしょうか?

補足回答ありがとうこざいます。
私は右投げ右打ちでバッターの時にのみ、外れた感覚がおきます。左肩の怪我なので。
ひたすらリハビリするしかないですよねT_T
野球以外のときにも普段生活していて同じ感覚にたまになってしまいます。たとえばくしゃみをしたときとか
ずっとこの怪我とすごしているので辛くてなりません。
よろしければ最適なリハビリをひとつ教えて下さい。
回答をいただきすこし希望がみえました。ありがとうこざいます。

閲覧数:
884
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ro1********さん

2014/11/3001:40:28

動きに原因があると思います。レントゲンなどを撮って、安静にして治ったとしても、原因である動きが治らなければ、また同じことが肩に起こります。
肩関節は他の関節と比べて安定性が低いため、変な使い方をするとすぐに怪我の症状が現れます。
フォームチェックなどをしていないので、憶測だけで書かせていただきます。
まず、肩周辺の筋肉が弱い可能性があります。肩には、小円筋、肩甲下筋、棘上筋、棘下筋という4つのインナー筋があります。この筋肉は肩の安定性を高める役割があります。この筋肉の安定性がしっかりしてから、アウター筋などで動きを起こすというイメージです。このインナー筋のトレーニングを初めてみてください。トレーニング方はゴムを使うトレーニングです。パソコンなどで調べればおそらくでてくると思います。

次は肩甲骨の使い方です。投げる時に、肩甲骨を脊柱(背骨)の方に締めるようにしてください。肩甲骨を内側にしっかり締めることで肩関節が安定し、円滑な動きができるようになります。猫背のまま投球動作をすると、肩が安定性していないので、肩が抜ける感覚が生まれ、繰り返すことによりルーズショルダーになります。

参考になれば幸いです。

  • ro1********さん

    2014/11/3011:32:17

    普段でもなるのは辛いですね。
    普段なっていまう場合でも、インナー筋のトレーニングが大切です。ルーズショルダーや、インピンジメント症候群などの肩関節が安定性されない場合はインナー筋を特に鍛える必要がありますし。

    バッティングの時は、左腕は初めから伸ばしておいて、脇を常に締めておいてください。そして、体は回りきっても、左脇は常に閉じておくことを意識してください。少しコンパクトすぎる打ち方になりますが、肩関節を常に安定性した状態で保つのが一番大切です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/12/4 18:13:08

笑う 返信が遅くなり大変申し訳ありませんでした。
非常に親身に答えてくださり、とても感謝しています。
リハビリを続けて一日もはやく治すよう心がけます。
この度は解答大変ありがとうございました。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる