ここから本文です

投資信託・グロソブ

rpx********さん

2007/12/1722:28:52

投資信託・グロソブ

先日近くの信用金庫で、資産運用相談会がありました。
ちょうど余剰貯金500万円の使い道を探していたので、相談に行きました。

その際、1級ファイナンシャルプランニング技能士の方から、簡単なアンケートの後
グロソブ毎月型と、杏の実【ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン】を進められました。

近日、家に銀行員の方が来る予定になっており、その際に口座への入金と、契約をする予定です。


運用方法としては、
余剰貯金500万円について、ある程度のリスクは許容し、長期運用10~20年したいと伝えました。

運用相談会までは、さまざまな外債や外貨預金、国債などでポートフォリオを組みたいと思っていたのですが、投資信託を進められました。
もちろんリスクについても説明は受けています。

グロソブなどは、自分の基準価格を食いつぶして分配しているのではないか?という疑問もあり、また、杏の実の分配金75円は外債の利回りよりも高く、どこから持ってきているのか?という疑問もあります。

したがって、銀行の言いなりになってもリスクをとるのは自分なので、
経験豊富な詳しい方に第三者の目からみた公平な意見を聞きたいと思っています。

よろしくお願いいたします。

閲覧数:
8,808
回答数:
8
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuk********さん

編集あり2007/12/1800:35:10

とりあえず、2、3冊の本くらい読みましょう。

http://www.amazon.co.jp/%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BA%...

http://www.amazon.co.jp/%E6%8A%95%E8%B3%87%E4%BF%A1%E8%A8%97%E9%81%...

ところで、投資信託は元本保証ではないということは、充分ご存知ですね。
もし、本当にあなたがその投資信託を購入しようかどうか迷っているのであれば、勉強をされることです。
それまでは、定期預金にでも預けておくことをお勧めします。
私にも銀行づとめの友人が数人いますが、彼らは今までほとんど「元本保証」の商品しか扱ってきていません。
私が(一応、ファイナンシャル・プランナーの資格持っています)、投資信託について友人達に質問をしました。
私なら銀行・郵便局で投資信託は買いません。
「パッシブ運用」なのか「アクティブ運用」なのか。毎月分配型ならその分配金の原資はどこからどのようにでてくるのか?
2、3質問をしました。結果は、友人を数人なくしました。
友人をなくすのも痛いですが、お金を減らすのも痛くはありませんか?
銀行は今生命保険、損害保険なども売れるようになり、必死で競争をしていますが、それに見合うだけの体制が整っていないというのが私の感想です。
損害保険のプロに話を聞くと「自動車事故があっても、銀行じゃなんの対応もできません。ノウハウが全くないんですから。」ということでした。
魚を買うのに八百屋に行く人はいないでしょう。では、つい先月から魚を扱い始めた八百屋に行きますか?
銀行はあくまでも「取次ぎ」だけです。自行で「投資信託」をつくっていはいません
良くて系列の証券会社がつくっています。ほとんどは大手証券会社の商品を「取次ぎ販売」しています。
商品の中身(債券がどんな状況か?為替は?株の動きは?)など、情報量や質は証券会社とどちらが上でしょうか?
私なら直接、証券会社に行って質問攻めにします。そっちの方が知っているはずですから。
(そうでない証券会社は最初から無視しましょう)

なお、ファイナンシャル・プランナーと言っても「企業内FP」は、その企業の営利を第一に考えます。顧客の利益ではありません。
「独立系FP」も、あなたがきちんと別に報酬をだせば、あなたに合った金融商品を提示してくれますが(たまに手数料目的でそうでない人もいます)、無料の場合は、提携先企業の商品を売ることで「手数料」で飯を食べています。
ファイナンシャル・プランナーの肩書きには惑わされないことです。
(自分で自分の首を絞めていますね)

質問した人からのコメント

2007/12/24 23:42:52

みなさま、貴重なご意見ありがとうございました。

やはり、グロソブのような毎月分配型はやめて、インデックスファンドでポートフォリオを組みたいと思います。

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hon********さん

2007/12/2413:38:17

貴方のことがズブの素人で心配です。次のことを守ってください。
1.ネットが出来き、投資信託について少し(まともな1冊の本を読む程度)勉強した方は絶対にグロソブ、杏の実は買いません (理由は↑にたくさん皆さんが書かれている通りですので省略します)
1級ファイナンシャルプランニング技能士に勧められたことはあまり参考になりません。(誰の味方ですか)
2.500万円はとりあえず元本が安全な定期預金(3ヶ月~6ヶ月)に入れてください。私ならネットで金利のよいソニー銀行に入れます。
(参考)http://moneykit.net/visitor/promo/promo_dc/promo_dc01.html
3.定期預金が満期になるまで↑に皆さんがたくさん書かれている本を必ず自分で読んで勉強してください。なぜなら、金額が500万円だからです。10万円ならその必要はありません。本の内容で分からないところは又知恵袋で聞いてください。決して今回の知恵袋だけで行動してはいけません。
4.本を読めば(勉強すれば)分かりますが、金銭は一回で500万円まとめて外債投信だけく購入することなく必ず分散してください。分散とはポートフオリオ(資産の分散)と時間の分散(一度に500万円買ったところが相場の高いところかも知れませんよ)があります。
それから行動しても決して遅くはありませんよ。
がんばってください。検討を心よりお祈りしております。

kio********さん

編集あり2007/12/2015:04:08

岐阜信用金庫、、、ですかな?

「餅は餅屋」
リスク商品を信用金庫で取引しなくては成らない理由があるのですか?
無いのであれば、商品に見合ったところで取引をする、あるいは自分の投資スタイルに
あった商品提供をしているところを利用したほうが良いでしょう。

これは商品以前の問題ですね。

商品の方は、、、
それで良いのであれば好きにしたら良いと思います。
その手の商品が好きな人は多いですし、販売側も利益が出やすい。
双方で満足しているのであれば他人が口を出す問題じゃないです。
とは言え、岐阜信用金庫(だった場合)の投信ラインナップを見る限りでは
他に薦めようがないという気がしないでもない、、、
海外株式物が中国物しか無いって一体、、、

ある程度わかっている人にとっては、普通は選ばない商品でしょうね。
黙って座って初年度で年間20万近い手数料がかかる投信を買う必然は
少なくともインターネットを使える人には無いでしょう。
それを承知の上での判断であれば「好きにしてください」で終わります。

>第三者の目からみた公平な意見を聞きたいと思っています。
他人は自分の損失を肩代わりしてくれません。自分のリスクは自分が負うことになります。
FPという第三者のコメントを信用していない時点で、あなたに必要なのは他人の助言では無く
自身の学習であることを多少は自覚されているのだと思われます。

であれば、他人に聞く前に、自分で調べるのが先でしょう。
しかも良し悪しの結論に関係なく、契約することが前提になっているし。
言っていることと、やっていることが合っていないように思えます。

ton********さん

編集あり2007/12/1823:23:24

本を読んで勉強するのも大変です。投資理論は難しいですし。
>経験豊富な詳しい方に第三者の目からみた公平な意見を聞きたいと思っています。
投資信託の分配金についての解説があります。日本FP協会のサイトです。
筆者はFP最高峰のCFP、1級ファイナンシャルプランニング技能士双方の資格を持つ現役銀行員です。
http://www.jafp.or.jp/journal/jnl_data/jnl90/jnl90_2.htm

この理論にあてはめてグロソブの計算するとクーポン収入だけでは分配金がまかなえず、為替益等がない限り基準価額は下落することになります。
<12/13時点 グロソブ(毎月分配型)ウイークリーレポートから計算>
基準価額7,942円×(平均直利4.52%-信託報酬1.3125%)÷12月=21円/月
グロソブ(毎月分配型)の分配金は40円/月であるが、クーポン収入からまかなわれるのは21円/月であり、為替益などがない限り自分の基準価格を食いつぶしてしまう。

分配金を無理なく出しているファンドが望ましいと思いますし、できれば外国債券の投資信託だけではなく、2~3割程度は株式の投資信託を組入れた方がポートフォリオとしてよいと思います。リスクヘッジになりますので。
もしくは、リスク分散が図られた「バランスファンド」も初心者にはいいかもしれません。

いずれにせよ、家に銀行員の方が来られたら、上記記事および計算根拠を示し、相談してみるといいと思います。
また、判断に迷ったら、一度に購入せず分散購入して様子を見るのもいいと思います。

iga********さん

2007/12/1810:03:12

>近日、家に銀行員の方が来る予定になっており、その際に口座への入金と、契約をする予定です。

これでは銀行のカモになるだけです。
まだ理解できていない金融商品を買ってはいけません。

yukikon1999さんがおすすめしている本でも良いですし、
どのように長期運用するのが合理的かについても説明されている
次の初心者向け本を読んですべてを考え直した方が良いと思います。
http://www.amazon.co.jp/dp/4478000247
http://www.amazon.co.jp/dp/4478003238

さらに次の本もおすすめできます。
http://www.amazon.co.jp/dp/447800322X
この本を読んでおけば元本確保型の投資型変額年金保険のような
ろくでもない危ない金融商品を買わずにすみます。
宝くじをつけてくれるくらいなら現金でもらった方が得になります。
プレミアム・ハイブリッド2007のような危ないものに手を出すのも止めましょうね。

1. グロソブについて

グロソブ毎月は他に選択肢がない場合を除いて買ってはいけない金融商品です。
グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) を買ってはいけない理由は

(1) 先進国債券に投資するための投資信託にしては信託報酬が高過ぎる。
グロソブを売る銀行は信託報酬が高い分だけ儲かります。
信託報酬が高い分だけグロソブを買った人の取り分は減っています。
解約時の信託財産留保額が0.5%だというのも高過ぎます。

(2) グロソブは日本国債を10%も含んでいる。10年国債の金利が1.5%しかないのに、
信託報酬を1.3125%(税込み)を払わなければいけない。日本にいる人が国債投資
をするなら、直接買った方が得である。

(3) 毎月分配型である。分配金をたくさん出す投信は長期運用ではたとえ再投資コース
を選んでも税金の前払いによって複利効果が弱まり損になることが知られています。
長期運用ならできるだけ分配金を出さない投信を選んだ方が得です。

(4) もっと良い選択肢がある。
以上の欠点をすべてクリアする先進国債券型投信が複数存在します。
それはシティグループ世界国債インデックス(除く日本)に連動するインデックスファンドです。
http://www.fund-initiative.co.jp/ の「シティグループ世界国債インデックス 」の項目に
ネット証券で購入可能なもののリストがあります。そのインデックスに連動する
インデックスファンドの過去の成績はグロソブを年に1%以上上回っています。
ノーロードで購入でき、信託報酬も比較的低く、色々な面で優れた金融商品になっています。

2. 杏の実について

>杏の実の分配金75円は外債の利回りよりも高く、どこから持ってきているのか?

目論見書を見ると85%以上をオーストラリアドル建て債券に投資しています。
そこでオーストラリアドル円と杏の実の基準価額(分配金支払い後)の
比較チャートを見てみました。次のリンク先がそれです。
http://quote.yahoo.co.jp/q?d=c&c=AUDJPY%3DX&k=c3&t=5y&s=04311036&l=...
青が杏の実で赤がオーストラリアドルです。ほぼ動きが連動しており、
杏の実の青の線はオーストラリアドルの赤の線より下にあります。
ここ1年の分配金込みの基準価額を計算して比較してみると
杏の実への投資はほぼオーストラリアドルへの投資でよく近似されることもわかります。
杏の実はどうも分配金として為替差益の分も吐き出しているようです。
もしもオーストラリアドル円レートが下がり出せば今まで通りのリターンは期待できなくなるでしょう。

長期運用を考えるならば長期的には円高になる可能性が高いということも知っておいた方が良いです。
オーストラリアやニュージーランドを含む日本以外の先進国のインフレ率は3%程度で
日本はゼロもしくは微少にマイナスです。
日本以外の先進国の通貨は本国での価値が毎年3%づつ下がってきているのに、
その対円レートが最近の数年のように上昇傾向を続けると仮定するのは合理的でしょうか?
その辺についてもよく考えてみた方が良いと思います。

3. どのように長期運用するのが合理的か

この回答の最初に挙げた竹内さんの本にも解説してあることですが、
標準的な運用の仕方は国内外の債券と株式への長期分散投資です。
投資信託を使ってそのような投資を行なう具体的な方法が竹内さんの本に書いてあります。

4. リスクがどの程度か

国内外の債券と株式に分散投資してもかなりのリスクが残ります。
私の計算では、主要4資産に均等分散投資すると、期待利益は年率で5%程度になり、
1年後に元本が毀損している確率は30%程度もあり、
5年後に元本が毀損している確率は13%程度あり、
その後は元本毀損確率が5年ごとに半分程度に減って行きます。

5. 元本が保証され、インフレにも強い運用の仕方

どうしても元本が保証される資産運用がお望みなら、次の二つがおすすめです。

(1) 個人向け国債変動10年
(2) ネット銀行の1年もの定期預金を毎年預け直す

個人向け国債固定5年のような金利が固定されてしまうような金融商品は避けましょう。

mck********さん

2007/12/1723:45:45

もうちょっと投資や投資信託に付いて
勉強してからにした方が良いのでは有りませんか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる