ここから本文です

七つの大罪のメリオダスの

kar********さん

2014/12/603:13:02

七つの大罪のメリオダスの

犯した罪について考察して
みました。(11巻まで読み)
よろしければ感想お聞かせ下さい。

メリオダスは16年前に
ダナフォール王国を消滅させたと
言われています。
これを聞いたときにまず思ったのは
メリオダスがなんの理由もなく
そんなことをやるはずがないという
ことです。
ここで私が考えたのは、おそらく
魔神族の血、もしくは魔神族じたいが
メリオダス体の中にいる
ということと、6巻でメリオダスが
炎のバルザドと戦ったときに言った
守ろうとした…全てを守りたかった
でも…できなかった それが俺の罪
というセリフこの2つについてです。
この2つのことから推測したことは
まずダナフォール王国になんらかの
形で魔神族が出現し町は大混乱、
そこに登場するメリオダス、
しかし魔神族の圧倒的な強さに
成すすべなし、リズも瀕死の
ところまで追い詰められてしまい
このままではリズが、ダナフォール王国が
失われてしまう、そこで
メリオダスは自分の中に魔神族を
取り入れる、封印することで
全てを守ろうとする、死を覚悟して…
しかしメリオダスの体内に入った
魔神族は暴走をし始め、結果的に
メリオダスが暴走してしまう。
これによりダナフォール王国消滅…
という感じなのですが、
どうでしょうか、、パッと
思ったことなので矛盾などが
あったら指摘をお願いします。
あと魔神族が出現した理由と
魔神族の取り込み方はわかりません。
そもそもこれってちゃんと考察に
なっていますかね?

閲覧数:
5,104
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yum********さん

2014/12/1201:41:51

何巻か忘れたけど
「ハナから混じってる」
って言われてたので、魔神族と人間のハーフかなーと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる