ここから本文です

北斗の拳で、南斗最後の将がユリアなのは何故ですか?リュウガが兄なのに、、。し...

k_s_monthさん

2007/12/2313:24:37

北斗の拳で、南斗最後の将がユリアなのは何故ですか?リュウガが兄なのに、、。しかもリュウガは南斗の拳を使わない。意味が分かりません。

閲覧数:
17,015
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

atoranticoさん

編集あり2007/12/2316:10:33

南斗最後の将がユリアなのは南斗の正統な血筋の人間だからです。父親(あるいは母親)も南斗慈母星の将だったと考えられますが、なぜ息子であるリュウガが南斗最後の将ではなく(しかもリュウガは南斗聖拳の使い手ですらない。)ユリアなのかはまったく不明。北斗本編ではこの件についてなにも触れられていません。

多分リュウガの宿星が「天狼星」であったことから南斗から泰山流(または元斗)に引き渡されたものと思います。作中で天狼星は天帝を守護する孤高の星として描かれていますから元斗皇拳との繋がりが深かったのでは?と推測できます。元斗は北斗、南斗よりも上ですから南斗最後の将の息子が宿星ゆえに泰山流に引き渡されても不思議はないかと。

要約してみると

南斗の正統血統を持つリュウガが生まれる。(しかし宿星は「天狼星」。その使命は世が乱れる時、天帝の使者として北斗神拳伝承者の覚醒を促すことにある。かなり特別な位置づけです。)

北斗神拳、南斗聖拳を統べる元斗皇拳のトップがリュウガを泰山流に引き渡した。

ゆえにリュウガは泰山天狼拳の伝承者として天帝を守護する役割を与えられた。

南斗の正統な血統をもつリュウガが南斗聖拳を使わない理由はこういった背景がなければ成り立たないものと思われます。

質問した人からのコメント

2007/12/29 22:54:39

感謝 凄い!素晴らしい分析有難うございます。

「南斗最後の将」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2007/12/2422:14:15

北斗の拳の後半は出版社が作者に無理やり書かせたという話を聞いたことがあります。(本当かどうかわかりませんが。)
(人気が高かったので出版社が終わらせさせなかったそうです。)
だから後半は矛盾点が多いのでは?

yamarenaponさん

2007/12/2316:16:24

原作がいきあたりばったりだからあまり辻褄があいません。
ユリアを将にしたのもかなり無理があります。

pisukepapaさん

2007/12/2313:40:31

ユリアは南斗の正当の血筋ですが、リュウガは血の繋がらない兄なので、側室とか妾腹ということでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。