ここから本文です

お世話になります。 今年の4月に交通事故(正面衝突)をおこし、ムチウチで半年通...

ele********さん

2014/12/2912:27:04

お世話になります。
今年の4月に交通事故(正面衝突)をおこし、ムチウチで半年通院するも、回復しなかった為(症状固定)、当方が契約している保険会社経由にて後遺症事前認定申請をしました。

本日、後遺障害等級14級の通知をうけ、これから示談に向けて協議する予定です。通常、加害者の契約保険会社との交渉が一般的ですが、過失割合が当方の方が大きかった為(8:2、相手方が優先道路だった)事前認定や、治療費請求等、すべて当方の契約保険会社と話を進めております。もし、保険会社の提示する示談金(慰謝料、逸失利益等)に納得がいかない場合は、最寄の交通事故紛争処理センターに相談しようと考えていたのですが、センターのホームページを拝見したところ、『搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険など、自分が契約している保険会社又は共済組合との保険金、共済金の支払いに関する紛争』はサポート外との明記があり、困っております。その場合は、法律相談所(弁護士)等を通じて交渉するしかないのでしょうか。
交通事故の示談に詳しい方、ご返信頂ければ助かります。宜しくお願い致します。

補足当方が契約している任意保険は、搭乗者保険に加え、人身傷害特約をつけております。

閲覧数:
525
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mis********さん

2014/12/3109:45:42

そもそも人身傷害保険とは、傷害保険なのです。
普通傷害保険は、死亡○○万円・入院1日○○円・通院1日○○円と、あらかじめ額が決まっています。

人身傷害保険の違う点は、治療に要した費用・休業で損失があった場合などについては、定額ではなく、実損(実際に掛かった費用)で支払いますが、精神的損害(自分が自分に対して払う慰謝料?)については、約款で(治療期間・症状ごと)に計算方法が決められていますので、交渉の余地はありません。
交わす書面は保険金額の確認書というもので、示談でもありません。

ただ第3者に対しては損害賠償請求ですから、当然、主張・交渉は出来ます。

私は常に自分の契約者の人身事故被害の場合は、相手の保険会社の対人保険は使わず、自分の人身傷害で対応し、全て支払いを完了させてから、赤本基準で計算し直して、差額を請求する訴訟をしています。

今回の質問者さんは残念ながら、過失が大きいですから、結果として第3者は人身傷害の支払いを越える賠償義務はない、という計算結果になると思います。

過失8割でも、過失10割(自損事故でも)最低基準の補償は受けられる、それが人身傷害だと考えて下さい。

  • 質問者

    ele********さん

    2015/1/120:05:13

    早々のご返答有難う御座いました。
    人身傷害保険の特性が良く理解できました。
    ますはお礼まで

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

aj3********さん

2014/12/2917:50:49

>その場合は、法律相談所(弁護士)等を通じて交渉するしかないのでしょうか。
人身傷害保険は支払い基準を明示(約款に記載あり)して保険金を算定しており、交渉によって増減する損害賠償金とは違い、基準に従って算定する性質の保険金なので(示談)交渉にはなじまない様に感じます。
人傷保険金は保険会社から提示された金額を約款の支払い基準で検証し誤りが無ければ受け入れるしかないのではないかと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる