ここから本文です

インフレーション理論で、 光速を超えた宇宙の膨張は、 アインシュタインの光速...

プロフィール画像

カテゴリマスター

aka********さん

2015/1/318:25:10

インフレーション理論で、
光速を超えた宇宙の膨張は、
アインシュタインの光速の絶対性の理論を否定しているんでは無いですか?

もし現在の次元で光速を超えたら、
今の宇宙にいられますか?

別の次元宇宙を彷徨う、宇宙ゴミ?

閲覧数:
346
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

per********さん

編集あり2015/1/321:08:16

矛盾しません

相対性理論が否定しているのは「情報が伝わる速さが光速を越える」ことです。

宇宙がどれほど速く膨張しても、宇宙内部の情報伝達速度が光速を越えなければ矛盾しないのです。

逆に情報を伝えない超光速現象は否定してませんし、逆に相対性理論から導かれます。

例えば3C345という「クエーサー」は、我々から見ると光速の10倍以上の速さで移動している様に見えます。この現象は相対性理論の予想通りなのです。

このような情報を伝えない超光速現象は考えればたくさん見つかります。

【訂正】

正しくは3C345の宇宙ジェットの速度が超光速に見えます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる