ここから本文です

交通事故後遺障害慰謝料について教えてください。 高速での渋滞中に後続から追突...

mrm********さん

2015/1/509:54:15

交通事故後遺障害慰謝料について教えてください。
高速での渋滞中に後続から追突されました。
過失割合は10:0です。

後遺障害等級の結果で14級9号 局部に神経症状を残すもの、私の場合は頸椎と左上肢です。
通院期間は、10か月間、実通院日数は、120日です。
29歳、年収は600万円です。

1、通院慰謝料(\4,800Ⅹ2Ⅹ120日=\1,152,000)
2、逸失利益(???)
3、後遺障害慰謝料(\750,000)

()内は自分で保険屋より貰った中身にて計算をしてみましたが、曖昧です。。。


妻も同乗しており、以下条件です。
後遺障害等級の結果で14級9号 局部に神経症状を残すもの、頸椎です。
通院期間は、10か月間、実通院日数は、95日です。
30歳、主婦です。

二人分になりますが、慰謝料はいくらぐらいになるか試算を以下お願い致します。
保険屋との示談交渉の材料にしたいと考えています。

よろしくお願い致します。

補足休業について記載漏れでした。
当方、10日の休業(通院のため)をしております。
この部分についても保証されるものでしょうか。

また妻の部分では、主婦の平均的な収入がわからずと言う部分で試算の検討がついておりません。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,045
回答数:
6
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ueg********さん

2015/1/519:55:43

自賠責保険の限度額を超えていますので、大手損保の任意基準を元に回答致します。尚、後遺障害補償額の75万円は、
後遺障害慰謝料32万円
後遺障害逸失利益43万円
の合計金額であると理解してください。
【主様】算定基準日数240日
傷害慰謝料76.9万円
後遺障害慰謝料32万円
後遺障害逸失利益81.7万円
(600×0.05×2.7232)
合計金額190.6万円
休業損害と通院交通費は実費になります。
【奥様】算定基準日数170日
傷害慰謝料61.7万円
56.7+(64.3−56.7)÷30×20
後遺障害慰謝料32万円
後遺障害逸失利益43万円
主婦の逸失利益19.3万円
合計金額156万円
主婦の逸失利益は保険会社により算出方法が違いますので、参考程度に考えてください。

【弁護士会基準】
いわゆる赤い本(損害賠償額算定基準)の基準であれば、
後遺障害慰謝料110万円
後遺障害逸失利益は、
主様は上記同様程度、
奥様は賃金センサス女性計を参考に算出します。これは年齢により違いますが、30歳であれば358.2万円をベースに計算します。
但しこの金額は、裁判まで行った場合の金額であり、弁護士による交渉の場合は当然の事ながら少なくなります。

弁護士に依頼される事をお考えなら、個人事務所の弁護士はお勧めできません。債務整理等を中心としている弁護士は、交通事故に疎いのは否定できません。依頼されるなら、東京に本社のある大手弁護士事務所の交通事故専門の弁護士をお勧めします。
着手金は無料です。
基本料金21.6万円
補償額の10.8%
の合計金額が報酬になります。

交通事故紛争処理センターをご存知でしょうか?無料にて弁護士が示談を斡旋していただけます。補償額は損害賠償額算定基準の70〜80%が相場とされています。交渉期間が一年前後かかってしまうのがデメリットです。

質問した人からのコメント

2015/1/6 08:57:06

降参 概算ですが、もっとも具体的に数字でわかりやすくご説明頂きましたので、ベストアンサーとさせて頂きます。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tan********さん

2015/1/520:41:21

治療が終了しているのなら、相手側から金額提示があります。
提示されたモノを検討すればよいだけです。

どうしてもと言うのなら、あなたの加入している任意保険の保険会社に相談して下さい。

kor********さん

2015/1/518:05:24

お見舞い申し上げます!私も経験者です。後遺障害の等級が出ていますから、弁護士依頼にして慰謝料の交渉されるといいです。
ただし、弁護士も着手金+成功報酬となりますから、お近くの法テラス(弁護士・司法書士が無料対応)に行きそうだんして下さい。
メリットが大きい(受け取る慰謝料が多い)と判断した場合は、相手保険会社とかかわりのない弁護士を選任することです。
弁護士はあなたの事故相手の名前や保険会社を聞くと思います(紳士的な弁護士)。
過去にかかわりがあれば、違う弁護士を推薦してくれます。
ネットで弁護士基準はいくら・・・の交渉は無理です。
司法の場で損害賠償請求を行って下さい。
14級でも障害は続くものです、お体を大切に!

bun********さん

2015/1/517:50:54

分かる範囲で・・・。

あなたと奥様の体について、かかった総額が自賠責の枠(120万円)を超えると慰謝料が任意保険基準と言って、通院の期間や傷病名による相手損保独自の計算になります。

ご認識の計算方法は自賠責基準と言って120万円以内に治療費、通院費、休業損害、慰謝料が収まった場合の計算式です。弁護士に委任することで弁護士基準の慰謝料が見込めます。

お二人とも通院に十か月かかっているということは、慰謝料の提示額は自賠責基準ではなく、任意保険基準となると思います。

体に関して受け取れるのが、通院に対する慰謝料と後遺症に対する慰謝料+逸失利益というものです。

75万円は自賠責基準で14級9号の後遺症の対する逸失利益と慰謝料になります。こちらに関しては任意保険基準というものは存在しませんが、弁護士基準は存在します。

弁護士基準だと通院の慰謝料は10か月の通院で113万円付近、後遺症に対する逸失利益+慰謝料は110万円付近が見込めます。

奥様の休業損害については、主婦であれば自賠責基準で日額5700円で計算します。弁護士と通せば通院年度の賃金センサスをもとに日額が決まります。ただし段々と回復してくるという考え方から、全ての通院日数に認められること有りませんが、交渉次第の側面もあります。あなたの休損は実損分です。

一番のアドバイスは、ご自身の加入先の保険会社の損害センターの窓口に行って相談することです。提示された金額が妥当かどうか?加入先の基準だといくら支払えるか?弁護士に委任することでどのくらい増額できるか?弁護士に委任する場合費用はかかるか?加入先から受け取れるものがあるか?など相談すべきと思います。

お大事に。

鬼沢健士さんの画像

専門家

鬼沢健士さん

リクエストマッチ

2015/1/512:46:57

弁護士です。

いくらくらいになるかという点ですが、
弁護士に頼んだ場合の額には弁護士に依頼するなどしないとなりません。
変な話ですが、弁護士基準というものが別にあって、弁護士を立てるとそれだけで額が変わることがあるのです。

「弁護士に頼むと**円になるんだから、同じようにしてくれ」と言ってもならないのです。
交渉材料にするのは難しいと思います。

なお、14級でしたら、弁護士依頼で110万円まで上がる可能性があります。
お二人でしたら、70万円以上の増額ですから大きいですね。

休業した分も補償対象になりますし、主婦であっても補償されることがあります。

質問者様の通院慰謝料ですが、弁護士依頼で数十万は上がるかな~という印象です。おおざっぱで申し訳ありません。

大変な重傷ですし、お二人ということもあって額の違いが大きいですから、どうしてもすぐに金銭が必要ということでなければ弁護士依頼がおすすめです。

賠償金の上がり幅以上に弁護士費用がかかることはないですし、
仮にとるところがあってもそういうところに依頼するのを止めればいいと思います。

後遺障害が残ったということですので、今後もお大事に。

専門家プロファイル 専門家プロファイル(外部サイト)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

dou********さん

2015/1/512:39:26

〉保険屋との示談交渉の材料にしたいと考えています。

交渉って、どんだけ金にトチ狂ってんだよ。

ほんと、お金大好き人間って醜いわ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる