ここから本文です

昨年、特定口座(源泉徴収あり)で取引を行っていました。 60万円ほどの損失を...

sui********さん

2015/1/722:41:09

昨年、特定口座(源泉徴収あり)で取引を行っていました。
60万円ほどの損失をだしてしまいました。
今年、損失の繰り越しを確定申告で行おうと思います。

1. 繰り越しを行った場合、勤務先には知られるものでしょうか。2. 繰り越しを行った今年の収益についてプラスになった場合、損失の繰り越し分は 特定口座の中で自動的に計算されるのですか。3. 今年。大幅なプラスになった場合、来年に確定申告は必要ですか。それは会社に知られるのでしょうか。普通徴収というのは源泉徴収ありでも 関係あるのですか。
4. 昨年の運用で結果はマイナスでしたが、取引している中でプラスの取引の場合は税金はひ かれているのでしょうか。また、それは戻ってくるのですか。

少しわかりづらいかもしれませんがよろしくお願いいたします。

閲覧数:
459
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tou********さん

2015/1/818:29:47

1・確定申告は個人情報です。税務署の役人は職務上知り得た
情報は外部に漏らさない守秘義務があります。だから、絶対
会社に知らせない。第一知らせる必要も法的根拠も無い。

2・特定口座の去年の記録は年間取引報告書を作成した段階
でリセット。1月1日ゼロから新たな年の取引に入ります。
したがって、去年の損失と今年の取引を一緒にする事は絶対
にありません。
だから、確定申告で損益通算するのです。(正確には繰越損失
の控除と言います)

3・来年確定申告しなかったら、誰が損益通算するのですか?
あなたしかいませんよ。あなたが確定申告で損益通算するの
です。でないと還付金を受取れません。

1で回答したように税務署が会社に知らせる必然性がありません。

もし、還付金が発生した場合、所得税分は税務署からあなたの
銀行口座に振込まれます。住民税分は市役所から振込まれます。
もし今年80万の利益があると去年のー60万と通算して20万の
益ですが、80万の税は所得税・住民税とも源泉徴収済みですか
ら、60万円分の所得税と住民税が還付されます。
あなたは特定口座(源泉徴収あり)ですから、所得税・住民税は
既に徴収済みですから還付こそあれ、別途、督促される事は絶対
ありません。だから、会社に知られる云々は心配ご無用。
ちなみに一般口座・特定口座(源泉なし)が確定申告で税額が決
定した後、納付するのです。
この時、住民税は普通徴収を選択すれば市役所から納付書が来て
自分で銀行や郵便局に納付するので、会社に知られる事もありま
せん。
所得税も税務署から納付書が来て納付しますから、これも会社は
一切関係ありません。

4・特定口座内でプラスつまり益があった時は税を引かれていま
すが、次の取引で損失があった場合は前に徴収した税は自動的に
口座内に還付されてます。1年トータルで損失の場合、徴収され
た税は還付されてますから、0円です。

質問した人からのコメント

2015/1/8 21:47:30

みなさん、ありがとうございました。たいへん役立ちました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

ken********さん

2015/1/723:43:32

1.確定申告を実施したことを、勤務先が知りうる方法はないと思います。

2.昨年の損金は証券会社の把握の外ですので、来年確定申告で還付を受ける必要があります。

3.上記の理由により、申告しないと還付を受け取ることはできません。

4.特定の源泉徴収ありを選択している場合、トータルでマイナスなら、トータルで税金は支払っていないはずです。
儲かった時に源泉徴収された税金も、損を確定したときに還付されているはずです。

今月中に、年間取引報告書が送られてくるはずです。1年間にどれだけ株を買い、どれだ売って、どれだけ儲けた(損した)か、それだけ税を払ったかが記載されています。これを使用して、確定申告することになります。

kas********さん

2015/1/723:11:13

1. 会社に行くのは住民税の通知で、損失を届けた今年は住民税に変化はないのでわからないと思います。

2.損失繰越は証券会社とは無関係なので、今年利益が出た分はちゃんと税金が取られます。来年の確定申告で還付されます。

3.来年の確定申告は必須です。取引がなくても確定申告しなければ損失の繰り越しが消滅します。
住民税に関しては源泉徴収で払い過ぎた分次の年の住民税が安くなるので、徴収方法は関係ありません。
会社の給料に較べて、会社に連絡される住民税が安くなっているので、経理の人がちゃんとチェックすればわかります。

4.口座内のその年のプラスマイナスはちゃんと計算済みです。
(途中で利益が出ても年トータルで損失の間は税金が0円になっているはずです)
配当も口座に受け入れていれば、配当金との損益通算も行われています。

年収にもよりますが、配当金は総合課税にして譲渡益との損益通算を行わないほうが税金が安くなる可能性が高いです。

例 株式損失100万円、配当40万円、所得税率5%、復興課税は無視
損失と配当を通算して申告ー>配当の税金8万円還付+来年度に損失60万円(税金12万円分)繰越 節税額20万円

損失100万円を繰越(税金20万円分)、配当を総合課税で申告(税金3万6千円くらい還付) 節税額 23万6千円

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる