ここから本文です

この俊成女の歌について 「下燃えに思ひ消えなむ煙だに跡なき雲の果てぞ悲しき...

wak********さん

2015/1/1018:09:09

この俊成女の歌について

「下燃えに思ひ消えなむ煙だに跡なき雲の果てぞ悲しき」

教科書ガイドには「む」が連体形となっていました。

この歌は二句切れで、「きっと消えてしまうだろう。

」と解釈して、「む」は終止形だと思うのですが、教科書ガイドの誤植でしょうか?

句切れ無しで「む」を婉曲・仮定の連体形として解釈することも可能でしょうが、教科書ガイドの訳は二句切れで解釈しています。

それとも、「む」が連体形になる要素が他に何かありますか?

この歌の掛詞・縁語・本歌取りについては理解しています。

皆さんのご意見をお願いします。

閲覧数:
1,090
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2015/1/1018:23:16

君の解釈は全くもって筋が通っていて、
俺が今さらあれこれ解説するまでもないね、
よく理解が行き届いていると思われる。
もちろん、二句切れと考えて、君の言うとおり、
「む」を終止形ととることはできる。
その場合、「む」が連体形になる他の要素はない。
係助詞も係っていないし、疑問語もない、体言の省略も考えられないからね。


でも、あながち「教科書ガイドの誤植」とは言い切れない。
解釈の相違だよ。

「句切れ無しで「む」を婉曲・仮定の連体形とすると歌意がおかしくなります」
と君は言うのだけど、そうかしら、そうでもないよ。

「下燃えに思ひ消えなむ」を「煙だに」に係る連体修飾部と考えて、
「む」を婉曲・仮定ととることはできるし、そう不自然でもない。
「私の恋は、表に出さない秘めた思「ひ」という「火」が消えるようにきっと消えてしまうであろうが、そうだとしたら、その消えた後の煙さえも・・・」
こうつなげることができて、無理にも二句でぶった切る必要はない。
まあ、強いて君の気に入るように、いかにもつながってますよ的な訳をつくれば、
「私の恋が表に出さずに秘めたままで消えてしまうとしたらその煙さえも・・・」
これなら、一応、君も文句はないのでしょう?
でも、なんだかちょっとね、不体裁だよね。

かりに、上の訳のように、
「消えてしまうであろうが、そうだとしたら、その消えた後の煙さえも」
と、「消えなむ」でいったん句切ったかのような、
「きっと消えてしまうだろう」という訳をしたとしても、
すなわちそこで二句切れになった、ということとは直結しないよ。
文脈は「煙」につながっていっている。

つまり、この歌は、二句切れともとれるし、句切れなしともとれるんだよ。


ちなみに、俺自身の解釈は、これはやはり「句切れなし」ととって、
「消えなむ」は「煙」に係っていっているととるほうがいいと思う。
歌意は、自分の秘めた恋をか細い燃え残りの火に喩えて、
その「煙」にまで言及しているよね。
つまり、「断ち切れない」思いの切なさを表現してるんだ。
そういう歌を、万葉調に男勝りに潔く二句で分断するのは、
俺はあまりセンスがあるとは思えない。

式子内親王のね、「玉の緒よ」なんかは、あれはいいのね。
「玉の緒よ」で、まず初句でぶった切って、
「絶えなば絶えね」で、また二句でぶった切る、
この大根でも輪切りにするかのような分断に次ぐ分断が、
「絶えなば絶えね」の放任構文と呼応して、ものすごくやけっぱちな、
捨て鉢な感情を、歌体ごと表現しているでしょう。
こういう歌は、分断してこその歌なのね。

でも、「下燃えに」は、そんなふうにぶった切るべき歌じゃない。
連綿と続く、「断ち切れない」辛さ切なさが歌われているこの歌は、
「火」は「消え」て「煙」も残らない・・・と、細い煙のよじれるように、
結句まで細く長く続いていく歌だと、俺は思うよ。

  • 2015/1/1018:31:00

    教科書ガイドの訳が「二句切れで解釈している」とのこと、
    訳だけでは二句切れで「解釈」したのかどうかまではわからないよ。
    上で解説したとおり、訳文としては一応切れているような訳し方をするけど、文脈上はつながっている、ということはあり得るからね。

    「きっと消えるだろう。」と、明白に「句点」があったら、
    まあ、二句切れで解釈したのだろうなあ、ということは言えるけどね。

    実際、「教科書ガイド」レベルの参考書で、「む」の「連体形」の解釈について、なんらの説明もないのなら、誤植の可能性が高いね。
    見た目で「煙」に接続しているので、なんも考えずに「連体形」と書いちゃった、というやつね。
    上の解説くらい和歌の解釈を考えてあえて「連体形」と書いたのであれば、
    それなりの説明があるはずです。
    ないのなら、結論をいえば誤植でしょう。

    でも、歌の解釈自体は、上で述べた通りだよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/1/10 20:04:23

丁寧にありがとうございました。

最初に質問を書いた後に、「む」を「仮定」で解釈できるなあと思って、質問を書き換えたので、お手数を掛けてしまいました。
丁寧な解説をありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる