ここから本文です

妻が難病指定の病気です。症状はそれほどない(生活は普通通りに出来ます)のですが...

ren********さん

2007/12/3021:15:56

妻が難病指定の病気です。症状はそれほどない(生活は普通通りに出来ます)のですが国に申請もしていません。
いわば普通の健常者と同じ扱いです。この場合申請をしたほうがいいのでしょうか?

メリット、デメリットを教えてください。

閲覧数:
13,047
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ori********さん

2007/12/3021:38:07

メリットはその病気に関しての医療費が減額または免除されます。
デメリットは、治療方法や治療経過を学会等でデータとして発表される事があることです。
また、血液検査の時の採血量が少し増える可能性がある事かな?

父が難病指定の病気で申請していますがデメリットより、メリット率の方が高いので本人も気にしてませんが…
また、友達にも数人いてますが、メリット率の方が高いので皆さん気にしてませんよ!
逆に治療費で家族に負担が掛からないので安心して治療ができると言ってます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

moo********さん

2007/12/3022:23:05

特定疾患という事ですよね?メリットは治療費の公費負担ですね。
税額に応じて自己負担額が7段階にランク分けされるので、旦那さんの扶養に入っている場合、現在の負担額と変わらないかもしれませんが申請しないよりは、した方がメリットは大きいでしょうね。
デメリットは、この公費負担はそもそもが【特定疾患治療研究対策事業】という厚生省の研究事業である為、
患者がデータを提供しないといけない事。毎年更新しないといけないので手続きが面倒。
軽症者になった場合公費負担から外される可能性がある事ですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる