慶應義塾大学における全日制と通信制の違いについて教えて下さい。

慶應義塾大学における全日制と通信制の違いについて教えて下さい。 1、学生証(材質・色) 2、利用可能施設(図書館、パソコン室的な場所、SFCのCNS環境) 3、通信制ということを公表せず、サークル活動ができるのかどうか 4、全日制の学生にはできて、通信制の学生にはできないこと(想い出とかテスト前の雰囲気とかそういうのはいいです。生協とかアルバイトの面からお願いします) よろしくお願いします。

大学受験870閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

慶應に限らず、通信制大学は普通の大学と同じに考えてはいけません。 第一に通信制大学は卒業率が極端に低いです。 一番卒業しやすい人間総合科学大学でも68%で 全通信制大学の平均は15%と言われています。 http://hello.zouri.jp/rank.html 慶應の通信は卒業率を正式に公表していません。 http://www.tsushin.keio.ac.jp/faq/category/category03.html#category_category03-01 一般では7~8%と言われています。 一般的には大学は4年で卒業するものですが、 通信制大学はその限りではありません。 10年かかっても卒業できればいいという世界です。 慶應の場合、学生証の色も違いますし、学籍番号で識別できますから サークル活動に参加するのは難しいと思います。 サークル側の好意で練習に参加させてもらえても、 試合や大会には出してもらえないと思います。 慶應通信は卒論がデフォで、ゼミも入れてもらえません。 図書館は使えますが、本の貸し出しには制限があります。 就職指導も通信生は対象外です。 卒業見込み証明書を発行してもらえないので慶應大生として就職活動できません。 学生証で映画等の学生料金を利用することは可能です。