ここから本文です

スキー板のエッジ部分が損傷した場合、店ではなく個人として修正する方法はあるの...

mei********さん

2015/1/2208:52:46

スキー板のエッジ部分が損傷した場合、店ではなく個人として修正する方法はあるのでしょうか

閲覧数:
191
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

bew********さん

2015/1/2304:02:08

現在は個人で修理は不可能です。埋め込みエッジで専用の機械が必要です。大昔は平エッジでスキーにネジ止めしてました。飛んだエッジ部分のみ買って自分で修理してました。この頃はヒッコリー材のスキーは高級品で表面のペンキが剥がれたら塗り直しニスで防水してました。金具はカンダハーか革バンド固定式でスイスマーカーなど1~2社のみがリリース装置付きで危険極まりない時代でした。滑走ワックスの種類も少なくかつ高価で、私達貧乏人は銀パラフィンと言う蝋を塗るのみです。トニーザイラーが金メダルを取った大昔は板が折れたらブリキで接いで直したものです。現在は買い替えるのがベストです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dal********さん

2015/1/2621:10:54

エッジがめくれていればメーカー補修が必要ですが、ソール張り替えなので相当費用がかかりますのでささくれや石を踏んで削れた状態を修正する方法について書きますね。
石を踏んでいると間違いなく焼きが入っているので通常のファイル(ヤスリ)では歯が立ちません。
ダイヤモンドファイルが必要です。
スキー用は非常に高価ですが、ホームセンターで売っている廉価版でも充分役に立ちます。
細目のファイルで前から後ろ方向に軽い力で削ってください。仕上げは専用ストーンが良いですが、やはり高価なのでこれもホームセンターで売っているオイルストーン(小)で代用できます。
重要なのは、エッジには角度が付いているので本当は角度を変えないようにガイドを使うのがベストですが、一部だけなら手首の揺れに注意してフリーハンドでもなんとかなりますよ。
エッジのささくれや傷が取れればスキーも上手く動くので是非手を入れてやってください。

oji********さん

2015/1/2307:12:09

プロに出来ることなら素人にもやってやれないはずはありません。
ただ工具があるか,技術があるかが問題なだけです。
知識と技術と工具があれば簡単なことです。
無ければとても難しいことになります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる