ここから本文です

徳川吉宗が親戚(大叔母)にあたる竹姫と結婚したいと考えていたのに、側近が幕府...

toy********さん

2008/1/309:49:15

徳川吉宗が親戚(大叔母)にあたる竹姫と結婚したいと考えていたのに、側近が幕府の威信に係わるからと猛反対、竹姫を島津藩に嫁入りさせたのは歴史的事実ですか?
またこの時には正室は亡くなっていたのですか?

閲覧数:
25,321
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jjm********さん

2008/1/310:15:45

本当だと言われています。
もっとも親戚といっても系図の上だけで竹姫は5代綱吉の養女で実子ではありませんでした。
儒学の考えで血縁でなくても系統上で目上の親族になる女性との婚姻は避けるべきという教えがあったのです。
ただ仮に竹姫が綱吉の実子であったら傍系の御三家からの養子に当たる吉宗の箔付けのため案外、簡単に婚姻できたかもしれません。
島津家に嫁入りしたのは史実です。
将軍家の養女は大身の大名でなければ釣り合わないため幕閣も懸命に探し島津家にはすでに側室から生まれた男子がおり竹姫の子供よりも継承権が上でもいいと譲歩してまで話を纏めました。
もっとも竹姫は島津家の江戸上屋敷に居住したのでそんなに遠くにいったわけではなりません。
島津家にとってはこの婚姻は得だったようで徳川家と疎遠だったにも関わらず竹姫の人脈で大奥などとも交流が出来、11代家斉13代家定の正室が島津の出であった遠因は竹姫が嫁いできたからです。
吉宗は紀州藩主時代に伏見宮家だったと思いますが宮家から正室を迎えました。
御三家の当主は五摂家か宮家から正室を迎えています。
吉宗正室は子供を残すこともなく将軍継承前に他界したはずです。

質問した人からのコメント

2008/1/4 20:44:07

ご回答ありがとうございました。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる