ここから本文です

ビニール肌が治りません。 もう約1年近く格闘しています。 摩擦を控える、シン...

oja********さん

2015/1/2922:36:59

ビニール肌が治りません。
もう約1年近く格闘しています。
摩擦を控える、シンプルなメイクスキンケア等、一般的に言われていることを実行しているつもりです。

ビニール肌になったと思われる原因としては、元々ニキビ肌だったため極端なケアを長年続けてしまったことだと思います。
特にディフェリンゲルは2年?程使っていたため、ダメージが大きいのかとも思います。

自分がビニール肌かも?と思ったきっかけとしては、
やたらピカピカとテカる、ヌラヌラテラテラするほど皮脂がでることでした。
鏡を見たり、写真を見ると驚くこともよくありました。

ビニール肌改善に取り組みだした一年前から、そういった症状はほとんどなくなりました。
やったやったビニール肌治ったんじゃと思っても、マイクロスコープで見たら、全くキメがありません。
一年前にマイクロスコープを買い、ショックを受けたその時の肌と同じです。

一年間がんばって、キメが全く変わらずというのが本当にショックです。
ダメージが深ければ、改善にも時間がかかると聞きました。
私の場合一年では足りないということなのかもしれませんが、今のまま続けて、果たしていつかキメが復活するものか不安です。

「ヌラヌラテラテラがなくなった=ビニール肌が多少なりとも改善された、このままがんばろう」
と思いたいんですが、
「キメが全然変わっていない=何かが間違っているからやり方を見直せ」
なんじゃないかとも思います。

この現状で、ご意見アドバイス体験談等あれば聞かせてください。
具体的なノウハウの話というより、なんだか出口の見えなさに疲れてきました(>_<)

閲覧数:
16,774
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fox********さん

2015/1/3003:11:27

以下は業界が口が裂けても絶対に言わないことです。
《業界の目的》
◎消費者の皮膚バリア(皮脂膜という防御壁)を界面活性剤・合成界面活性剤で意図的に壊し、乾燥・敏感を招いて、その対処に自社の製品(有害な化学物質を皮膚に塗らせ非常に弱い皮膚にすること)を買わせるシナリオです。

日用品には、ほぼ全てに界面活性剤・合成界面活性剤が入っており、皮膚バリア(皮脂膜という防御壁)を溶かし外からの異物が容易に入り込みトラブルを起こします。
メーカーなどは消費者に誤った認識を与え、品物を売りたいだけなのです。
このように御理解下さい。
●本来の健康な皮膚に戻す答えをお伝えします。
簡単なので実践してみてください。

《顔・頭・体》
・体は水か、ぬるま湯で流すだけ。

※コツは、つけない、こすらない、洗わないです。

頭の先から爪の先まで水か、ぬるま湯にしなさい。
あとは、食事・睡眠・適度な運動が必須です。

《食事》
●和食を主としてください。
ジャンクフード・お菓子などは体が酸化します。

《睡眠》
一日7Hが理想です。
夜更かしはNG。

《適度な運動》
ウォーキングが最適。

●メイク・整髪剤=水やぬるま湯で流せるものにする。
《重要なこと》
人や環境にダメージがある界面活性剤を絶つ生活をすることです。
全ての界面活性剤・合成界面活性剤を生活から排除しなければ健康な皮膚が戻りません。

※本来の健康な皮膚に戻るために一時的に乾燥などの状態になりますが乗り越えますと学生時代のノートラブルの強い皮膚になります。
道具にお金をかけずに生活スタイルを見直すことが大事です。
どうか、歪んだ認識(今まで惑わされてきた情報)を排除され、正しい認識を身に付けられ人生を謳歌されて下さい。
次の世代や環境保護にも繋がりますので宜しくお願い致します。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ビニール肌」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる