ここから本文です

光吸収に関するLambert-beer則について、以下の用語を全て用いて式をもとに説明せ...

gmd********さん

2015/2/101:19:24

光吸収に関するLambert-beer則について、以下の用語を全て用いて式をもとに説明せよ。なお、式で用いた項は単位を示すこと。

用語:透過光強度、入射光強度、波長、吸光度、モル吸光係数、モル濃度、光路長

閲覧数:
392
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sc_********さん

2015/2/108:50:27

強度I。の単色光がある物質層を通過して強度Iとなったとき、A=log10(I。/I)の値をその波長λ(nm)における物質層の吸光度という。
光を吸収する度合いを示す透過度T(=I/I。)、透過率(透過パーセント)T(%)(=100I/I。)と式①の関係がある。
A=log10(I。/I)
=-log10T
=-log10(T(%)/100)…①
物質層が均一で、その層の厚さ(光路長)がl、濃度がcであり、ランベルトーベールの法則が成立する場合には、A,l,c,吸光係数εの関係式は②となる。
A=εcl…②
濃度cが(moldm-3乗),lが(cm)のとき、ε(dm3乗mol-1乗cm-1乗)をモル吸光係数という。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる