ここから本文です

ピケティ氏は、経済成長と格差是正が進んだのは例外であるとの歴史認識です。

chi********さん

2015/2/809:55:49

ピケティ氏は、経済成長と格差是正が進んだのは例外であるとの歴史認識です。

経済成長すれば格差が是正されると考えるのは無理だということですか。
大企業の利益を重視して、トリクルダウンを期待するのは無理ですか。
さっさと、社会保障に使徒限定した消費税は増税すべきでしょうか。
全体の底上げとはどうすればよいのでしょうか。

閲覧数:
97
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sdp********さん

2015/2/810:03:16

ピケティは世界同時課税を言っています。フランスは所得税の最高税率をかつての日本並みに大幅に上げたところ、有名俳優がロシアに移住しました。ですから、同時課税なんです。

それとイギリスのグーグル税はタックスヘイブン対策に必要でしょう。同じくアップルやアマゾンにも課税すべきでしょう。

消費税は支払い余力税なので、高福祉の国なら将来の心配がないので増収は見込めますが日本では無理です。安倍総理がGDP減少が続き官僚に騙されたと発言しています。

  • sdp********さん

    2015/2/810:05:54

    トリクルダウンは無理でしょう。以前なら人手不足なら賃金は上がりましたが、今は外国人労働者が入りますから。むしろ、影響で下がるでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

c_l********さん

2015/2/813:53:16

成長と格差是正はトレードオフだとは思いません。富裕層が消費するところで働いているのは一般庶民なのでトリクルダウンが無いというのは間違いですが、それで十分と言うのも違います。規制緩和など徹底した競争政策と給付付き税額控除など十分な再配分を両方やるべきです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる