ここから本文です

津軽海峡と青函フェリーの運賃

tak********さん

2015/2/816:20:36

津軽海峡と青函フェリーの運賃

津軽海峡と青函フェリーの運賃で大人1人のキャリーバック(60×38×25)1個で乗船する場合、青函フェリーは運賃だけで乗れるようですが、津軽海峡フェリーは運賃の他に手荷物(キャリーバックも掛かる)の料金も掛かるのでしょうか?



掛かる場合1000円近くの差がありますが、青函フェリーでも取り合えず幾分には問題ない船なのでしょうか?(青函はトラックの輸送に力を入れているようなので)


乗船日は祝日の早朝(2~5時代の船)です。

閲覧数:
591
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fra********さん

編集あり2015/2/1316:21:07

その大きさなら、どちらの会社の便でも旅客運賃のみで手回り品として持ち込めます。ただし、重さの上限はともに20kgです。
船は津軽海峡フェリーの方がずっと良いですよ。

津軽海峡フェリー(旅客航送約款)
これの第6条第4項で20kg以下なら無料です。
http://www.tsugarukaikyo.co.jp/stipulation/passenger/

青函フェリー(旅客航送約款)
こちらもこれの第6条第4項で20kg以下なら無料です。http://www.seikan-ferry.co.jp/yakkan-ryokyaku.pdf

両社とも約款は業界標準のひな型を使っているので、ほぼ同じです。

大変失礼ながら、なぜこんな当然のことを?と思ったのですが、両者のホームページを見たら、疑問を抱いて当然だと思いました。
津軽海峡フェリーは普通の運賃・料金表に受託手荷物・小荷物のこの料金も載せているのに、青函フェリーは載せていないのですね。
この受託手荷物・小荷物というのは、手回り品以外の荷物のことで、どちらの会社にも手回り品とは別に有料で運べる制度があります。キャリーバッグが手回り品の範囲に収まるなら関係のない制度です。

質問した人からのコメント

2015/2/14 20:18:14

成功 有り難うございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる