本日、私の年金の未納分の差し押さえを 督促状は来ていたのですが お父さんの口座で急に連絡もなく、 執行されてしまいました。 私は今消費者金融で お金を借りています。 家族皆知りま

年金24,218閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

2

2人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

預金口座にお金が入っていれば質問者さんの口座も 凍結されるんじゃないですかね? 年金機構は個人の借金等の事は把握できてませんので その心配はないと思います。 とにかくまずは質問者さん本人がきちんと管轄の社会保険事務所に 連絡する事が1番です 私も個人の借金があり保険料を滞納していて催告状が来た事がありましたが きちんと自分の状況を説明して 最初は納入期限が切れる直前の1カ月分ずつの支払いでお願いし 先に借金の返済を済ませ それからは未納分2か月と合わせて3カ月分を毎月支払いで 年金機構の方に承諾してもらいました。 事情があるにしても支払えないのであれば免除申請を 少しでも支払う意思があるのなら分納でもいいので 少しずつ保険料を支払う事が大切です。 支払わず催告などを放置が1番ダメです 年金機構も鬼では無いので話しさえきちっとすれば理解してくれます

0

現在、年金の未納に関してはとても厳しくなっており、ほぼ強制的に徴収される事が多くなっています。 実際に徴収が執行されたとなると、年金の滞納分を払えるだけのお金があると判断されたのでしょう。 年金というのは、滞納者の収入だけではなく、同居している家族分も含めた全ての収入で判断されます。 ですので、督促状が来た時点で払えない旨を伝え、免除申請をしておけば今回の事は逃れられたかもしれませんが、それでも免除はあくまでも一時的なものです。 今回のポイントは、あなたに借金があるか否かではなく、あなたとあなたの家族に収入があるかどうかです。 年金事務所は、あなたが消費者金融でお金を借りている事は把握していません。 それよりも、あなたが今働いていて、収入があるかどうか。ここが問題ですよね。 もし働いていなくて無収入なら、家族はどうなのか。 それを調べて、家族に収入があると判断されれば、あなたの代わりに支払い能力のある家族から徴収します。 これは容赦なく、問答無用で取られます。 また、役場や年金事務所などの公的機関では、全て市民の個人情報を共有しています。 銀行口座も然りです。 分かりやすい例を一つ。 「年金を受給している高齢者が亡くなった場合、死亡届を提出すると、その時点ですぐに年金の支給が停止され、銀行口座も凍結されます。」(役場→年金事務所→銀行の連携) つまり、全ての機関は横で繋がっていて、情報を共有し対処しているのです。 そのため、お父さんの口座も当然把握されています。 借金の事は年金事務所からあなたのお父さんにバレる事はありませんので、安心してください。 ただ、これから年金の支払いをどうするのか、きちんと家族と相談しましょう。

1

お父様が連帯納付義務者になっていたら、あなた本人と全く同じ責任があり、どちらを差押えてもいいのです。あなたの未納はお父様の未納と同じであり、あなたへの督促はお父様への督促でもあるのです(あなたへの督促をあなたがお父様に伝えていなくても関係ありません)。ですからあなたの方が先に差押えの対象になるなんて限らないのです。まあ、あなたの口座に十分なお金が無かったのかもしれませんが。 だから、怒っても年金事務所に連絡しても無知を指摘されるだけです。 あなたのようにお父様など家族の口座が差押えになるという事は珍しいことではありません。 口座の差押えはとりあえず口座内の一定額の凍結です。早いうちに滞納分を納付すれば凍結は解除されますが、時間が経つと口座から引き落としになるでしょう。 あなたが消費者金融から借りているなんて年金事務所では関係ないので、あなたが言わない限り分かりません。

1人がナイス!しています

0

①国民年金保険料は税金と同様、質問者様の配偶者および住民票上の世帯主も連帯納付義務者として納付義務があります。また、再三の督促に応じない場合は最終手段として差し押さえも法律上認められています。差押えするためには財産調査もあります。差押えは保険料の回収が目的ですから、目的を果たせないときは連帯納付義務者の財産を差押えすることになります。 今回の場合ですと、質問者様のご尊父が連帯納付義務者に該当し、質問者様の財産差押えでは目的を果たせないため、連帯納付義務者の差押えに至ったと思われます。 あと差押えについては、必ず差押え予告→実際の差押え、の流れになります。何の連絡もなかったわけでないので、過去の文書を一度ご確認ください。 年金の強制徴収についてのリンク ↓ http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/collection.html ②質問者様のお金の状況は連帯責任者といえども簡単には伝えないと思います。また、そこまでの情報を把握しているのかは不明です。ただ年金の納付状況は説明されると思います。

1

お父様が怒ってもどうしようもありません。 年金は、本人とその配偶者、世帯主が連帯 納付義務を負います。 督促状もなんども来ていましたよね。 それを全部無視して、放置したのですよね。 その場合は、差し押さえされても仕方がありません。 質問者さんは20代ですか? 20代であれば、若年者納付猶予という制度が あって、申請して認められれば、猶予されます。 すくなくとも、免除、猶予の申請をしていれば 差押えにならなかった かもしれません。 督促状を読んで、納付の相談をしていれば 状況はかわったかもしれません。 そいうい話です。 差押えをする場合は、 お父様、あなたの口座を 勝手にしらべて 勝手に どの口座からでも差し押さえできます。 法律に則って差し押さえしているので、 年金事務所に電話しても、どうしようも ありません。 電話して怒るだけ無駄です。 消費者金融云々は、年金事務所は知りません。 どうでもいいからです。 事情があって、滞納はあるでしょうが、 であれば、猶予、免除の申請をすればよいのです。 甘く考えて、滞納して、放置しているから こうなるのです。

1人がナイス!しています