ここから本文です

当方古い人間で、国鉄(JR)の直流通勤型電車は101系、103系、301系しか知らないの...

ito********さん

2015/2/1220:14:19

当方古い人間で、国鉄(JR)の直流通勤型電車は101系、103系、301系しか知らないのですが、103系の後は103→105→107→109→201→203→…という風に発展していったのでしょうか?

閲覧数:
108
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

e23********さん

2015/2/1220:29:23

・101系の改良型が<103系>です。

・<105系>と<107系>はともにローカル専用で2両一組で使われて車両で、首都圏の通勤電車には使われませんでした。

・109系は存在しません。1桁の位が「9」は試作車を表します。

・103系の改良型が<201>系でした。

・<203系>は常磐線緩行線⇔千代田線乗り入れ車として製造されましたが、この中で唯一アルミ合金製の車体でした。

・他は鋼鉄製でしたが、<205系>ではステンレス車体に変わりました。

写真は、右101系と左103系です。
窓のデザインが違うのがお解かりかと?

・101系の改良型が&lt;103系&gt;です。...

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tc3********さん

2015/2/1223:07:16

簡単に解説します。

101は国鉄初の新性能車。
103は101をMT同比で使用できるようにした形式で、定格速度を下げ、通勤区間での経済性を高めた形式。
201は103の後続形式でチョッパ制御。高コストの車輛たが、投入路線と車両の特性が合わず、経済性を発揮できなかった。(現在大阪環状線で使用されているが、これが本来の使い方)
205は201の高コストを反省し、制御方式は抵抗式と退化したが、界磁添加励磁制御のによる回生ブレーキ採用と車体のステンレス化による軽量化で消費電力を201以下とした経済車。

105はモーターは103と同一だが、ローカル線用に特化した車両で、!M方式で直並列制御は行わない。
107は廃車になった165系のパーツを使用したJR東が自社制作した形式。 抵抗が抜ける速度が高く、直並列制御をおこなわないため、経済性はあまりよくない。
203は千代田線乗り入れに特化した形式。 営団6000並の走行性能と経済性が求められたので、201のシステムを用い、ギア比を大きくし、車体をアルミにして軽量化することで、加速度3.3km/h/sを可能とした。

プロフィール画像

カテゴリマスター

qzp********さん

2015/2/1223:01:03

73->101->103->201->205 ここまでが国電の本流です
JR化後は
東は209->E231->E233->E235
西は207->321->323
東の東西線 301->103-1200->E231-800
千代田線 103-1000->203->E209-1000->E233-2000

地方交通線 73->105
北関東 165->107

blu********さん

2015/2/1220:38:24

103系の後継が201系でして、以後205→207系900番台となってJR発足になっています。

105系は、地方ローカル線用に制作された車両でシステムなども違っています。(1M方式)

107系は、165系の機器類を流用して105系と同じコンセプトで作られた車両でしてJR東日本発足後の制作です。

203系は、201系をベースに地下鉄乗り入れ対応にしたものです。

JR発足後は、
JR東日本は、しばらく205系の増備ののち、901系を試作してそれをフィードバックした209系、その後は近郊形と形式を統合してE231系→E233系。まもなく異235系が登場予定。

JR西日本は、ショートリリーフで205系1000番台を制作した後、207系→321系となりましたが、2016年登場予定の323系は三扉車になる予定です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる