ここから本文です

①人文知識・国際業務という在留資格では、免税店接客販売スタッフという業種に転職...

アバター

ID非公開さん

2015/2/1812:45:20

①人文知識・国際業務という在留資格では、免税店接客販売スタッフという業種に転職できるでしょうか?

ご回答のほど、宜しくお願いいたします。
まず、私の状況を次のように説明させて頂きます。
最終学歴:中国国立大学・外国語学部・日本語学課 2011年6月に卒業。
職務経歴:2011年9月〜現在 富山県機械関係の会社で通訳・翻訳の仕事をしていました。
沖縄で就職先を探していますが、http://jp.indeed.com で「中国語」というキーワードで求人検索したら、免税店接客・販売という項目が多数出ております。
募集中の会社は、免税店大手会社となっています。
雇用形態は正社員・契約社員です。
月給は18万以上で、賞与は年2回です。
業務内容は下記通りです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
海外のお客様をターゲットとした免税店でのお仕事です。
海外向け家電製品、時計、民芸品などを販売して頂きます。
※中国語、英語が話せる方、販売接客経験のある方。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
販売スタッフ
店内での接客対応、商品陳列などを行います。
お客様は台湾・中国・タイ等のツアー観光客の方々がメイン。
魅力的な店舗づくりに取り組んでください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
下記調査内容・「表6 職務内容別交付件数」によりますと、人文知識・国際業務は販売・営業という業種での構成比は、15.3%であり、かなり高いですが、私の状況で、応募していいかどうかは分からないです。ご回答頂ければ助かります。

「平成24年における日本企業等への就職を 目的とした「技術」又は「人文知識・国際 業務」に係る在留資格認定証明書交付状況 について」
http://www.moj.go.jp/content/000113158.pdf

②人文知識・国際業務という在留資格では、中国語と英語を活かすオペレーターという仕事に転職できるでしょうか?
業務内容・待遇は、下記サイトをご参考ください。
http://webagre.com/view.php?gen_id=3001022&gen_bid=3

以上、宜しくお願いいたします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,493
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cri********さん

2015/2/1912:52:39

外国人を食い物にしようとする行政書士。それを取り締まろうとする当局。
これら不正行為に厳正に対処するのは、よい傾向だと思います。
行政書士に依頼したけど、お金だけ取られて何もしてくれないとか、手続きをしてもらったら逮捕されたとか、最近よく相談を受けます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「タイ 日本語 求人」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

rau********さん

2015/2/1817:29:34

いずれのケースにしても通訳、翻訳色が強ければ問題無いでしょうが、
販売色が強いとなるとダメという事になるのでしょう

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる