ここから本文です

医療事務、創傷処置の算定について

rak********さん

2008/1/1013:46:42

医療事務、創傷処置の算定について

①「手術後の創傷処置」とは術創のみを指すのでしょうか?
手術後に手術の疾病等とは別の要因で新たに出来た傷(院内でこけて擦り傷など)に対する創傷処置も、
「手術後の創傷処置」になるのでしょうか?


②入院で手術後、手術の疾病等とは別の要因で、術創とは別の部位に擦過傷や刺傷(院内でこけた、
たまたまカッターナイフが刺さった)などが出来た場合、その擦過傷や刺傷に対する創傷処置は、
術創部分の処置面積と合算して算定するのでしょうか?

それとも、「術創部分の創傷処置」と「手術後に出来た傷の創傷処置」を分けて、
それぞれ個別で創傷処置を算定できるのでしょうか?

※創傷処置1(100c㎡未満)を含めて考えるとややこしくなるので、
術創と術後に別の疾病を起因に新たにできた傷が、それぞれ創傷処置2(100c㎡)以上であると仮定して下さい。
※術創と術後に別の疾病を起因に新たにできた傷に対する処置は、どちらも創傷処置として仮定して下さい。
片方が皮膚科軟膏処置、熱傷処置などとは仮定しないで下さい。

ややこしくて申し訳ありませんが、分かる方、御回答よろしくお願い致します。

閲覧数:
6,944
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ano********さん

2008/1/1118:15:04

ていうか,新たに切創などが起こった場合は,創傷処置(J000)ではなく創傷処理(K000)になり,別算定ではないでしょうか.
範囲の設定も面積ではなく,長さと深さ(筋肉・臓器に達するかどうか)で決まると思います.

質問した人からのコメント

2008/1/17 01:04:34

言われてみれば、確かにそうですねえ・・・。
失礼しました。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる