ここから本文です

クトゥルフ神話TRPGにはまって小説も読みたいのですがどれから読めばいいのかわか...

gan********さん

2015/2/2018:09:01

クトゥルフ神話TRPGにはまって小説も読みたいのですがどれから読めばいいのかわからないので教えてください

閲覧数:
290
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hat********さん

2015/2/2020:09:59

とりあえず、創元推理文庫の『ラブクラフト全集』を読んでみれば。
クトゥルフ神話の起源は、ラブクラフトだから。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jac********さん

2015/2/2300:11:33

入門としては「クトゥルー(暗黒神話大系シリーズ)」が作家の作品が楽しめますのでお勧めです。

「ラヴクラフト全集」は味わい深く、原点だけあって魅力的なのですが、人間には理解できず筆舌に尽くしがたいものを描こうとしてるため、読みにくいことこの上ないです。しばらく読んでいればだんだんと病みつきになってきますので問題ありませんがね。(マジキチスマイル)
ちなみにクトゥルフ神話TRPGの基本ルールブックに付属する「クトゥルフの呼び声」は、こちらにのっている物と訳者が違うのか表現が異なる部分があります
個人的には「鋭角でありながら鈍角として作用する~」というフレーズがツボなのでルールブック版の方が好みです。

他にクトゥルフ関連の本だとブライアン・ラムレイの「タイタス・クロウの事件簿」シリーズがオヌヌメです。

多数の魔導書を所持し鋭い第六感を持つタイタス・クロウと、その友人アンリ・ド・マリニーが神話的脅威に立ち向かうストーリーで、推理控えめのクトゥルフ版ホームズと言った感じの印象を受けました。
宇宙的恐怖よりはヒロイックな雰囲気が描かれています。

クトゥルフ界でもよく知られていて、作中の「ド・マリニーの掛け時計」「ニクトリスの鏡」などはCoCの公式本でアーティファクトとして紹介されています。

一巻は短編集ですが、続編の長編小説「地を穿つ魔」では「シュド=メル」と対決する彼らの戦いが楽しめます。

それとよくは知りませんがスティーブン・キング氏もクトゥルフのファンのようですので何か書いているかもしれません。

本ではないですが有名なSF映画「遊星からの物体X」はラヴ様の小説「狂気の山脈にて」が原作になっているとかいないとか

リアル神話技能をつけたいのであれば
『萌え萌えクトゥルフ神話辞典』という頭のおかしい(絶賛)本があります。
表紙が完全に触手モノのエロゲにしか見えませんが、萌え文化に寄り添ったイラスト付き入門書としては優秀でしょう。実際に解説の評価は高いです。
また、神話生物ではなく作中に登場した場所を紹介している
『萌え絵で巡る! クトゥルー世界の歩き方』も併せて読むとよいかも知れません。

慣れたらやや専門性の増した
『ビジュアルで楽しむ「クトゥルフ神話」』でイメージを確立し、仕上げにサブカル専門の実用書モドキ『図解 クトゥルフ神話 (F‐Files No.002) 』を読ませれば理論的にも完璧な狂信者となります。

またはCoCそのものをプレイする、というのもいいと思います。
小説では味わえない臨場感や達成感が楽しめますゆえ。

しかし、CoCのルールブックは高額です
そこで実際のセッションを見学するのも臨場感を味わえる一つの手ですが
体験版オンラインセッションという企画もあるのです(ダイレクトマーケティング)
気になる貴方はこちらへどーぞ→http://t.co/onLM9Ya5qx

asu********さん

2015/2/2209:39:21

クトゥルフ神話TRPGから入るなら、ルールブックに掲載されている「クトゥルフの呼び声」を読んでみると良いと思います。

uta********さん

編集あり2015/2/2022:59:38

初心者がやりがちなミスがある。

それは、創元推理文庫の『ラヴクラフト全集1』から買い始めてしまう事だ。

いや、普通は、『1』から順にと思うだろう。ところがだな。『ラヴクラフト全集』の2巻までと3巻からは、翻訳者が違うのだよ。そして、2巻までの収録作品は、青心社の『クトゥルー』シリーズに、ほとんど重複収録されているのだ。

なので、最初の一冊は『ラヴクラフト全集3』。初心者がTRPGのシナリオのネタにするのにピッタリな『家のなかの絵』と『潜み棲む恐怖』が収録されている。『ダゴン』もポイント高い。

もう一冊は『クトゥルー8』。『インスマスを覆う影』が収録されている。ラヴクラフト以外の作家の作品に触れられるのもいい。

この二冊を読み終えたら、『ラヴクラフト全集1』『ラヴクラフト全集2』の二冊を後回しにして、他の巻から読んでみるといい。オススメは『ダニッチの怪』が収録されている『ラヴクラフト全集5』かな。

nya********さん

2015/2/2021:40:35

「クトゥルフ神話TRPG」にはまって、その元ネタである「クトゥルフ神話」の小説を読みたい、ということですね?

開祖であるH・P・ラヴクラフトの作品を読みたいのであれば、創元推理文庫の「ラヴクラフト全集」をどうぞ。

ラヴクラフト以外にも多数の作家がクトゥルフ神話作品を書いていますが、その代表的な作品を読みたいならば、青心社文庫「暗黒神話大系 クトゥルー」シリーズを。

日本の作家が書いた神話作品をお求めなら、創土社の「クトゥルー・ミュトス・ファイルズ」シリーズを当たってみるとよいかと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる