ここから本文です

刀剣の両手持ち、片手持ちについて質問です。 日本刀は両手持ちが基本なのに対...

fly********さん

2015/2/2510:18:47

刀剣の両手持ち、片手持ちについて質問です。

日本刀は両手持ちが基本なのに対して、サーベル、軍刀、青龍刀、小太刀なんかは片手で持つイメージがあります。

片手で持つメリットや、実践

になったときの優劣などはどうですか?

閲覧数:
690
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2015/2/2510:57:18

まず、盾を持つ場合には必然的に片手持ちになります。
次に、片手で持って半身に構えることでリーチが長くなりますし、こちらの体は刀の後ろに隠れてしまうことになるので相手からは攻撃しにくくなります。このため、特に刺突に特化したサーベルなどは片手で扱う方が遥かに有利です。

ちなみに、日本刀は実戦で中心となる武器じゃありません。すえもの切りのような「見せる剣術」では刃筋を通すためにしっかりと構えられる両手持ちが基本となりますが、実戦になればそんなことには構っていられません。実際に使われたのは槍などが使えない混戦となったときのみですが、片手で相手の動きを制しながらもう一方の手で脇差を使って刺すといった戦法がごく普通の戦い方です。

もう一点、青龍刀は片手じゃ扱えませんよ。青竜刀は薙刀を太くしたような武器です。おそらく、湾刀と勘違いなさってると思います。

質問した人からのコメント

2015/2/25 12:37:28

なるほど。
実際のとこ、一突き入れば充分な抑止力になるので、腕力よりも片手持ちで素早く動いたりリーチを取る方が良いのでしょうね。
ちなみに青龍刀は中国で一般的に使われていた片手刀ですよ。
薙刀に似ているもので青龍の名を持つものもありますが、基本的にはサーベルのような扱い方をします。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ori********さん

2015/2/2510:43:41

ヨーロッパでは片手に剣、もう一方の手に盾と言う戦い方だったし、中国では関羽は重さ72斤の青竜偃月刀を使っていたし、日本でも一刀流も二刀流もあります。一本の刀を使って戦う場合には、両手で握る方が、やはり力をこめられるので有利なのではないでしょうか。

ion********さん

2015/2/2510:25:38

優劣はなんとも言えない。
片手持ちなら片手でも戦える。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる