ここから本文です

電子タバコに

kxy********さん

2015/2/2518:53:08

電子タバコに

害はあるのかについて知りたいです。

調べてみると
健康被害発生や発がん性物質が含まれている
と書かれているものや、
そういっているのは
電子タバコを流行らせないため
と書かれているものもあります。

私は真実が知りたいです。
知っている方、教えてほしいです。

閲覧数:
3,563
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sfd********さん

2015/2/2600:20:27

確実に偏向報道ではあるかと。ただ、全く害が無いとは言いません。

本来電子タバコの危険度は、例えニコチン入りであったとしてもニコチン特有の効用はもちろんメリットデメリット作用しますが、タバコでよく言われているタール(厳密には約400種類、その内人体に害のあるものは約200種類の化合物の集合体)が一切含まれていないため発がん性物質などは無くタバコより圧倒的に低いです。
主な成分はPGとVGという一応人体に無毒な液体で構成されています。

ただ、このPGやVGは食品添加物のように一応害は無いものの長期的摂取や大量摂取でどのような影響を及ぼすのか不明といった感じです。そこが100%安全ではないと言われる所以ですね。

そして次に何故偏向報道だと騒がれているかと言うと、実験で使われた電子タバコそのものの性能もそうですし、異常なほど加熱させた煙で検査していたからです。
そりゃどんな食べ物でも焦げれば発がん性物質の塊になってしまいますよね。
電子タバコの煙も食べ物と同様、焦げれば人体に取り入れられるものではありません。強烈な焦げ臭と喉へのイガイガする刺激、そして絶対にむせます。
それとこの報道で一つ正しいことがあります。それは一部の中国製などの粗悪リキッドを使用してはならないということです。

これも他の食べ物と同じです。つい最近でもマクドナルドで腐った肉が使われた〜とか、昔なら冷凍餃子に毒物が〜とかありましたよね。
一部リキッドにはそういった毒物とも言える粗悪なものを混ぜ込まれていることがあるということです。
得体の知れない国の食べ物を食べるのは危険だからちゃんと検査されたものを日本ではほとんどの人が食べてますよね?
それと同じように、リキッドもちゃんとFDAの認可が降りたものなどを購入すべきなのです。例え割高でもです。
そりゃ粗悪な作られ方してたら安くなりますよってね。安いものには安いなりの理由があるので、そこらへんを吟味しなければなりません。

結論としては、キチンとした使い方とキチンとしたものを使用すれば、タバコよりははるかに安全で、しかしながら長期的摂取では食品添加物並みの危険性はあると言った感じです。
世の中には無添加の物しか食べない人もいますしジャンクフードばかり食べる人もいます。
そこは各々のさじ加減と自己責任で使用すればいいのではないかと思います。タバコのように絶対吸わない方がいいと言い切れるレベルの危険性ではないと私は思います。

質問した人からのコメント

2015/2/26 01:55:52

詳しくありがとうございました(*^_^*)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる