ここから本文です

人一人にできることは小さい、小さいがするとしないでは大きく変わる だから爺は...

end********さん

2015/3/115:51:11

人一人にできることは小さい、小さいがするとしないでは大きく変わる
だから爺はする方を選ぶ 諦めが悪いと云うなかれ、諦めたらオシマイ、諦めさせるのが為政者の目論見だからだよ
後味が苦くて良い問だった、甘味は無いよ

ところでひとつ、jina_bsisの数字付きはjina_bsis本人では無いよ、jina_bsis本人は階段なぞ登らぬよ、あやつは登るのに階段が要らぬからの、本人は爺の娘だ、本人は云わぬが親には解る、男としてでも女としてでも無い、人間として育てたからね、我が家の子育ては婆との同意由
人として生きる、苦労は背負うがね、苦労を糧に生きるマゾヒストの家系なのだよ
だから、風呂はぬるま湯、一日を洗う神聖なぬるま湯也
活きの良い刺身であれ

この質問は、rik********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
67
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rik********さん

リクエストマッチ

2015/3/710:26:33

リクエストをありがとうございます。
そして回答が遅れてすみません。ほぼ週末ユーザーである上に、実業が忙しい週だったので。


おじさんになるまでには、どうしても多くの(思い出したくもない)理不尽に出会います。だから「諦めるべきは諦める(こちらが多い)」「諦めないなら、粘り強く」という考えも出ます。それを実行できるか否かは、また別問題になりますが。

おそらく日本の政治改革は、「改善はあり得るが完全解決は無い」「ひとりで出来ることは、ゼロに近い」「時間がかかるので、効果が現れるのは次世代かもしれない」という三重苦の下にあります。それでも「無理」ではなく「暴力革命が必要」でもないだけマシだろうと思ってます。

私が国会議員に同情的なのは、当落を繰り返して結局引退に追い込まれた、地元議員を知ったからでしょう。真面目な人ですが、国会では活躍できませんでした。より生活に密着した地方政治に向いていると思いましたが、2世議員だったので。脳死移植法案(党の拘束無しだった)には否定的な支持者が多かったのですが、「自分の良心をギリギリ問い詰めて」賛成したと釈明してました。


jina_bsisを検索すると「速く気付きなさい!jina_bsis後ろ付きは、コピー魔さん」ってのがありました。なるほど、気づかなかった。いやはや、面倒。こちらの方面は、私はいいかげんでした。
それから、この質問を削除されたい場合はお気遣い無く。
リク質を出して頂いただけで、十分嬉しいです。

質問した人からのコメント

2015/3/8 02:33:56

いろいろありがとう
政治も一票一票の足し算だね、小選挙区で20%の得票率が無い政党が第一与党になる不可思議、膨大な死票、これでは投票意識も報われぬ
爺の知人にも、癌生還立候補が居る
jina_bsisはまた気にしてくれたら有り難い

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる