ここから本文です

Fl 3人、Cl 3人、B.Cl 1人、A.Sax 1人、T.Sax 1人、Trp 3人、Hrn 2人、Euph 2人、T...

joj********さん

2015/3/123:09:41

Fl 3人、Cl 3人、B.Cl 1人、A.Sax 1人、T.Sax 1人、Trp 3人、Hrn 2人、Euph 2人、Trb 2人、Tuba 1人、Perc 3人の計22人で喜歌劇「伯爵夫人マリツァ」セレクションか喜歌劇「メリー・ウィドウ」(

小編成)をやります。

金管、パーカス、木管の大半はメリー・ウィドウを推していて、顧問(指揮者)と木管の一部がマリツァを推しています。

ですが、マリツァだとパーカスが足りないので、トロンボーンとユーフォが一人づつパーカスと掛け持ちをしなくてはいけません。(掛け持ちをするのは元パーカスで、金管が少ないので移動しています) でも、金管が少ないから移動したのに、掛け持ちをするのもどうなのかな〜と思っています。

そして、メリー・ウィドウだとコントラバスが出てくるのですが、出来る人がいないのでコントラバスを抜きでやらなくてはいけません。コントラバスは割と目立つ場面であるので、抜きでやるのは厳しいかな?って思っています

このメンバーで、この二曲の内どちらかをやるのは無理でしょうか。
もし出来るのなら、どちらの曲の方が良いでしょうか。

読みづらい文章で申し訳ありません。回答よろしくお願いします。

閲覧数:
214
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cok********さん

2015/3/208:31:18

一つ目は、なんとかなるでしょう。
二つ目は、コントラバスの譜面を1オクターブ下げて
tubaに吹かせればなんとかなります。
1オクターブ下げて、tubaで出ない音があれば
そのままの音で吹きましょう。
コントラバスは、譜面より実音1オクターブ
低い音でなりますから。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nag********さん

2015/3/611:26:21

私はマリツァをお勧めします。
22名も居るとそれ程小編成ともいえませんが、このクラスの編成で楽譜に指定された楽器が抜けることは好ましくありません。
コントラバスパートをチューバで、というやり方もあるかもしれませんが、何故わざわざ弦楽器であるコントラバスを入れているか考えてみて下さい。
楽器には夫々独自の音色があり、コントラバスが一台入ると何と言うか適切な表現が思い浮かびませんが、弓が弦を弾く時に出る独特の雑音(失礼!)と管楽器では醸し出すことが出来ない丸い音を加えることが出来ます。
音程だけならばチューバでも代行出来ると思いますが、何か一つ足りないような音楽になってしまうかもしれません。
コントラバスが入る曲で「コントラファゴットでもOK」という場合がありますが、その場合はコントラファゴットの方が更に音楽に厚みが出ますね。

gtg********さん

2015/3/517:02:00

どちらも出来ると思います。フルートの3人の中の1人はピッコロを吹くことを想定して3人なのでしょうか?

どちらにせよ、スコアをよく見ていじっていく事です。コントラバスも楽器があるならパーカッションの子か他の楽器の子に練習してもらう方がいいと思いますが…

コンクールでやるのであればまだ時間はありますし…

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる