ここから本文です

ハンドボールの試合写真が新聞に載っていました。 ゴールしようとボールを持つ...

choicerrorさん

2015/3/1020:56:25

ハンドボールの試合写真が新聞に載っていました。

ゴールしようとボールを持つ手を振り上げたところに、敵方の2人がぶら下がっている写真でした。ハンドボールではボディタッチは反則にならないのですか?

ぶら下がるのが構わないなら体当たりではじき飛ばすのも構わないのでしょうか?

閲覧数:
474
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2015/3/1122:26:19

自分の写真を見て、これは自分でないと思ったことは無いですか?

写真って、真実を映し出しているようで、
実はそうでもないこともあります。

その写真を見ていないので、何とも言えませんが、
ボールを持つ手に2人がぶら下がることは、
通常あり得ません。
きっと、重なり具合や、なんらかの結果で
その様に見えたのだと思います。

ちなみに、ハンドボールは相手の正面から当たることは
許されています。
厳密に言うと、曲がった手(腕)で押すことは許されているのです。
曲がった手というのは、突き飛ばしてはダメだと言うことです。
重い物を前に押していくときは、腕を曲げて、
体重を掛けて押していきますよね。
そういった守備の仕方は認められた正当なディフェンスです。

ただし、相手の横や後ろからやってはいけません。
シュートを打とうとジャンプしている選手に対しては
前から当たってもいけません。

それは、危険だからです。
相手に怪我を与えるようなディフェンスは、
ファールであるだけでなく、警告や、退場、失格等の
厳しい罰則が科せられます。

当然、相手を体当たりではじき飛ばすのは、
やってはいけない反則です。
故意にやったと判断されれば、レッドカード(失格)で
コート上から離れなければなりません。

ハンドボールはサッカーやラグビーと同じように
ボディコンタクトのある激しいスポーツです。

身体を鍛えた者同士がぶつかり合うのは迫力があります。
ただし、何をやっても良いわけではありません。
お互いが怪我をせずに、ハンドボールが楽しめるよう
ルールが存在し、選手はフェアプレーを心がける必要があります。

もう一度、その写真をよく見て下さい。
どういう状況で、そのようなシーンになったのか、
想像してみるのも面白いと思います。

自分の写真を見て、これは自分でないと思ったことは無いですか?

写真って、真実を映し出しているようで、...

  • 質問者

    choicerrorさん

    2015/3/1200:26:16

    ご回答有難うございます。
    画像を残して置くべきだったと反省しています。

    この画像は、「シュートを打とうとジャンプしている選手に対しては
    前から当たってもいけません」に反しない行為ですか?

    ご解説をお願いします。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/3/13 23:40:42

ご回答有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yaroshi0621さん

2015/3/1208:22:28

この写真だけで判断すると、OFもDFに対して向かって行ってるように見えます。
OFの選手の姿勢も崩れていませんし攻守で五分のあったりと判断し、ノーファールで試合がそのまま続行される場合が多いと思います。

pentagonpeさん

2015/3/1201:38:25

ハンドボールは反則の数に基本限りが無い物です。もちろんイエローカードなどの危険なプレーは別ですよ^_^

バスケなどの球技にもいえると思うのですが、人1人を一つの円柱形だと思うとファウルの基礎をイメージし易いと思います!

説明が下手ですみません…

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。