ここから本文です

今 話題になっている出生後3カ月規定における国籍法12条と憲法14条は違憲?合憲で...

近藤さん

2015/3/1108:28:43

今 話題になっている出生後3カ月規定における国籍法12条と憲法14条は違憲?合憲ですか?また結果的に子供には日本国籍は認められましたか?回答お待ちしています。

閲覧数:
44
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hou********さん

2015/3/1208:48:58

国籍留保の件だよね?

合憲って判決が出たよ。
国籍は認められていない。
「日本国籍を再び得る手段は国籍取得届(国籍留保しなくて国籍喪失してしまった者の国籍再取得)や帰化届が有る」ってのが理由だろうね。

個人的には、不公平だと思います。
日本人男性と外国人女性の間の非嫡出子が日本国外で生まれて、出生時に他国籍を得るとします。
認知が胎児認知の場合は、出生時に日本国籍が発生して、出生時に日本国籍と他国籍の重国籍になるために、出生から3ヶ月以内に出生届と国籍留保届を出さなければ、出生時に遡って日本国籍を失ってしまいます。
日本国籍を再び得る手段は有るとはいっても、日本に行って暫くは住まなければなりません。
しかし、認知が出生後認知の場合は、そのようなことはなくて、20歳未満であるなどの条件を満たせば、日本に行かなくても、また、日本に行ったが住んでいる期間があまりなくても、国籍取得届(認知された者の国籍取得)を出せば、日本国籍を再び得ることができます。
個人的には、不公平だと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる