ここから本文です

大至急、底地建物の登記事項証明書について教えて頂けませんでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2015/3/1119:03:37

大至急、底地建物の登記事項証明書について教えて頂けませんでしょうか?

お願い申し上げます。
現在、更地があるのですが、少し厄介な問題があることがわかりました!
関係者の話によると更地のはずなのに建物の登記があるかもしれないとのことです!
そんなことって と思ったのですが底地建物と聞きなれない言葉がでてきて、どうやら本当みたいなのですが、何も建っていない更地で建物の登記なんか取れないと思うのですがどうやって確認すれば宜しいのでしょうか?
法務局の職員の方から家屋番号を調べてから来れば大丈夫と言われて、関係者に聞いたのですが誰もわかりません。
うまく説明できずにすみません。
事情を話すとすごく長くなってしましますので、個人間で不動産の取引をしています。
良い方法があれば大至急お願い申し上げます。
それと、公道は登記簿上、公衆用道路で問題ないですよね?念のための確認です。

閲覧数:
449
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/3/1119:46:47

通常の方法で、「登記事項証明書を取得」しようとしても、あなたがおっしゃる通り、「家屋番号」がわからなければ取得できません。
職員の方も、通常の取得方法を前提に回答していたものと思われます。

しかし例外があります!
「更地であり、誰も家屋番号を知らない」のであれば、「家屋番号の欄」に丸印をして、余白に「底地建物すべて」と記載して申請をすれば解決できるのです!
結果として、目には見えない建物の存在(情報)が見えてきますよ!

続いて、「公衆用道路」とは登記簿上の「地目」に過ぎません!
この事をもって、「公道※国、県、市等の所有」と判断するのは危険です。
私道でも、「公衆用道路」は存在しています!
実際に、「公衆用道路だから誰でも自由に利用できる道路」と聞いていたのに、「前面道路が廃止され住宅を建築できなくなった」との事例が全国的に後を絶ちません。
因みに、道路の状況が「行き止まり」などの場合は、「私道」の可能性があります。

余談ですが、私道にも「但し書き道路」「二項道路」「位置指定道路」と呼ばれるものがありますので、お調べになって下さい。
※上記の用語は、「業界用語」であり、建築基準法第42条2項に定められている道路だから、二項道路(公道もあり。)と呼んでいたり、42条1項5号に基づく指定がされた道路だから、位置指定道路と呼んでいたりしています。

大至急と書いてあったので、このあたりで終了します。
以上、参考までに!

  • 2015/03/1120:23:14

    追記しますが、取得に伴って「ローン利用」を考えている場合は、宅建業者から交付される「重要事項説明書」の控えを要求する銀行が大半です。
    事情や取得目的がわかりませんが、僅かに聞く限り危険な匂いが、プンプンしてきます。
    「権利関係調査※法務局」「法令調査※市・区役所」「物件調査」をしっかりと行いましょう!
    個人的には、「餅は餅屋」と言われるように、「不動産業者」に間に入ってもらうのがベストですよ!
    「安物買いの銭失い」にならないように御注意を!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2015/3/12 10:05:35

アドバイスありがとうございました。
教えて頂いた方法で、先ほど謄本を取得できました。
道も行き止まりではないのですが、みんなの共有持ち分の私道と判明しました。
今、役所の人の話だと公道移管に伴う整備で多額の費用がかかり、みんなで負担しなければならない為、公道移管できていない私道が意外と多くあることも教わりました。
朝からスムーズな対応ができたことに感謝いたします。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

cbnss2272000さん

2015/3/1120:28:27

①、既存建物が存在するか、貴方様でも所在の登記所で確認出来ます。
゛゛登記申請窓口へ土地登記地番で建物登記簿謄本を請求すること。
゛゛申請書に記載をし存在するときには、登記印紙を貼ると良いです。

②、建築宅地には、建築基準法第42条道路と第43条の条件が必要です。
゛゛それは建築基準法で認める道に住宅ならば、2m以上に設すること。
゛゛国道、県道、市道、位置指定道、42条二項道路。43条道路がある。

゛゛「公衆道路」は登記簿上の名称で、宅地でも先の道路であること。
゛゛不安なら、不動産屋の答ではなく市役所建築確認窓口で確認する。
゛゛不動産は高価な買い物で自己確認する。設計の相談は設計事務所。

himekgさん

2015/3/1119:35:46

まれにあるケースです。土地地番と異なる家屋番号がついていて、土地と家屋の関連性が推定できない家です。探すのが困難です。土地地番前後と隣接地地番前後の建物登記事項の閲覧、又は証明書により発覚することがあります。底地建物という用語はありません。無いはずの家の目的地になっていると思われます。偶然と悪意のどちらかです。建ぺい率容積率が利用済みで、最悪の場合、建築できないこともあります。関係者とはどなたでしょうか。具体的に何を指摘されたのでしょうか。文意から察すると悪意がありそうです。公衆用道路は、公道と私道どちらにもあります。建築確認を取得できる道路かどうかを市町村役所でご確認ください。よろしくお願いします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。