四面楚歌 時利あらずについてです。

文学、古典5,928閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:2015/3/12 11:52

その他の回答(1件)

0

1 周囲を取り囲んでいる敵の軍勢が皆、項王の祖国である楚の国の歌を歌ったということ。つまり、味方だった者たちが敵に寝返ったということ。 2 自分の滅びるのを自分の落ち度ではなく、時の運がなかったという項王のプライド。そして、愛する具美人を守ってやれない情けなさ。