ここから本文です

個人事業における「前期損益修正損」相当額の自己否認処理について教えてください。

アバター

ID非公開さん

2015/3/1401:32:59

個人事業における「前期損益修正損」相当額の自己否認処理について教えてください。

本日(平成27年3月14日)になってもまだ確定申告の処理をしていると言うのは非常にお恥ずかしいのですが、その中で更にお恥ずかしいものを見つけてしまいました。

平成24年に「(長期)前払費用」として計上していたサポート契約料(2年契約)のうち、平成25年に損金計上していなければならない部分を計上し忘れていたことがわかったのです。(「前払費用」勘定が1年分宙ぶらりんになっておりました。)
このままではまずかろうとネット上で色々と検索を掛け、前期の修正申告が一番妥当なのはわかったのですが、今期に「前期損益修正損」として計上して自己否認をする、という手法を取りたいと考えました。
ところが、法人であれば別表四で「前期損益修正損否認」として加算処理をすればよいと思うのですが、個人においてはその手法は使えませんので、苦肉の策として以下の仕訳を考え付きました。

経費 30000/前払費用 30000
事業主貸 30000/経費 30000

これ、車両費や地代家賃の家事案分の際に事業主貸を使って自己否認することにヒントを得て考え付いたのですが、摘要欄には適宜説明を入れるなりするとして、果たして適切な処理でしょうか?

もちろん、昨年の修正申告・・・というよりも更正の請求になるのかな、が、一番適切なんだとは思うんですが、当該仕訳の是非と共に今期のみで決着が付く方法があれば御指導頂ければ幸いです。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
2,394
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ttt********さん

2015/3/1408:43:08

更正の請求するほども無いかぁ
という時ですね。(^.^)

事業主貸 30000/前払費用 30000
でOKです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2015/3/1413:06:09

    tttmax22さん

    単純に一本の仕訳で済んでしまうんですね。
    よりすっきりしました!

    わざわざこれだけのために更正の請求をするのも馬鹿馬鹿しい、さりとて経費計上はまずいし、宙ぶらりんもおかしいし、と思っておりました。
    御回答、ありがとうございました!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2015/3/16 15:18:18

ご回答ありがとうございました。
無事、確定申告完了です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる