ここから本文です

B型肝炎訴訟の話しです。

tos********さん

2015/3/2217:24:33

B型肝炎訴訟の話しです。

僕は、幼少期のころBCG予防接種で感染されたと、思いますが

この事がわかったのは、僕が19歳の頃に、十二指腸潰瘍で手術前に血液検査をしたところ、僕の身体にB型肝炎があることがわかりました。

今、現在は、47歳になりますが、無症候キャリアと診察され、28年になります。そして血液検査とエコー検査をしております。そして2年前に国に弁護士さんを通じて訴訟をしました。

そして去年の2月に和解となり、国側から和解金が振込まれてきました
そのあとなにやら?手帳のようなものが国から送られてきました。

B型肝炎無症候キャリアのみの人が病院に行って検査をしるにあたって無償で検査が出来る手帳だそうです。

訴訟も平成29年の1月には終わるらしいですが?その後、病状が変わったとき
再度、国側に請求できるらしいですが
これも平成29年まで終わりになるのでしょうか?教えて下さい、よろしくお願いします。

閲覧数:
770
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kur********さん

2015/3/2423:28:18

一度和解が成立してから病状悪化すれば仮にあなたが100歳になった場合でも賠償金が出ます(担当弁護士から説明があったはずですよ)。

  • 質問者

    tos********さん

    2015/3/2507:23:13

    ありがとうございます。仮に僕が100歳で病状が悪化したとしても治療は出来ないでしょうね〜

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる