ここから本文です

どうも友達が福沢諭吉の「天は人の上に人を作らず」の意味について勘違いしている...

keykeykeykyさん

2008/1/1918:10:12

どうも友達が福沢諭吉の「天は人の上に人を作らず」の意味について勘違いしている気がします。



友達いわく、「可愛い子は上だし頭いい子は上だし、人の上に普通に人がいるじゃん。福沢諭吉って頭悪いよな。」


天は人の上に人を作らずの意味するところは別だと思う自分は勘違いしているのでしょうか。

補足つまるところ、努力次第で人の差なんて覆せるという事ですか?

閲覧数:
49,617
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kissa118さん

2008/1/1918:21:47

ご友人は何か誤解をされていますね。

福沢諭吉翁が言っているのは、
「天は人の上に人を作らず人の下に人を作らず」
ではなく、
「天は人の上に人を作らず人の下に人を作らずと言えり」
です。
つまり、
「世間には『天は人の上に人を作らず人の下に人を作らず』という言葉がある」
です。もともと「天は……」という言葉はジェファーソンが出所らしいです。

『学問のすゝめ』
を精読すると、おおむね意味は以下の通り。

「天は人の上に人を作らず人の下に人を作らずってな言葉があるが、
.現実には平等なんてことはないない。富める者がいれば貧しい者がいるし、
.賢い者もいれば愚かな者もいる。
.では、その差はどこから来るものなのか。
.学問があるかないかの違いである。
.みなさん、学問をしましょう」

です。
よって、人の上に人がいるのは当たり前なのです。
外見について、福沢翁が触れているわけではありません。

質問した人からのコメント

2008/1/20 20:13:26

感謝 ありがとう

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

thor1203さん

編集あり2008/1/2008:56:53

kissa118さんの回答が正解です。

福澤諭吉の『学問のすゝめ』は初編から十七編に及ぶ大長編で、「天は人の上に人を作らず人の下に人を作らずと言えり」は初編の最初の一文に過ぎません。
曰く、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。されば天より人を生ずるには万人は万人皆同じ位にして、生まれながら貴賤上下の差別なく、万物の霊たる身と心との働きを以て天地の間にあるよろずの物を資り以て衣食住の用を達し、自由自在互いに人の妨げを為さずして各安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。」とありますがここから文章は延々と続くのです。
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=41017575&VOL_NUM=0000...
(『学問のすゝめ』は396/626から485/626まで)

>つまるところ、努力次第で人の差なんて覆せるという事ですか?
まったくその通りです。
福澤諭吉は「門閥制度は親の敵で御座る」とまで身分差別を憎んでいました。
人は努力次第でいかなる可能性もあるのだと唱え続けた人なのです。

2008/1/1918:30:38

福沢諭吉は「天は人の上に人を作らず」と言っているが、慶應大学(頭のいい子が集まる大学)を創設した時点で矛盾が生じています。例外はあるとは思いますが慶応大学のOBは社会的な立場では上にたつことが多いと言われてるし、会社では将来的に上の立場に立つ人が多いでしょう。つまり、福沢諭吉自身が人の上に立つような人を作っている時点で「天は人の上に人を作らず」という言葉は信憑性に欠けるということです。だから、友達の言っていることは、あながち間違っているとはいえません。

hrahra2007さん

2008/1/1918:18:06

福沢諭吉は「天は人の上に人を作らず。人の下に人を作らず」の後に「西洋ではそのように言っている」などと言っています。
ある意味では友達の意見はあっていますが、福沢諭吉が頭が悪いっていうのは嘘ですよ

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。