ここから本文です

秋田新幹線の列車交換で、通常と反対側(進行方向にたいして左側)に対向列車をみ...

uki********さん

2008/1/2002:00:26

秋田新幹線の列車交換で、通常と反対側(進行方向にたいして左側)に対向列車をみて
交換する箇所があります。

なにか理由があるのでしょうか?

閲覧数:
558
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ぐたぐたさん

2008/1/2208:47:32

maxe1e4さんの通り、田沢湖線は単線だからです。
速度を出来るだけ落とさないために一方を直線にしているためです。
多分、「大釜」とかじゃないですか?
同じ線内でいつも進行方向から見て右側に対向列車がきて交換するのは
「刺巻」駅ぐらいだと思います。

質問した人からのコメント

2008/1/22 21:18:14

線形と乗降客がないというところですね。
盛岡進行の列車が停止して待機。盛岡発の列車が右側を通過します。
大釜-盛岡間は短く加速する必要もないとか、どのみち「はやて」との調整で止まらなければならないとかいろいろ理由があるんでしょうね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dob********さん

2008/1/2009:02:15

かつての鉄道の構造では、ホーム前後のポイントはY字形でした。上下線が公平な半面、どちらの列車も(つまり停まらなくていい列車も)速度を落とさなくてはなりません。
これに対し最近の単線区間では、一方の線路を直線的に敷設して、通過列車が速度を落とさなくていいようにしています。
左側通行にこだわる必要は旅客案内上くらいでしょうか。もともとこのような駅は利用客が多くなく、また最近の車両は側面の表示もしっかりしているので、誤乗の心配も解消できると思いますが。

max********さん

2008/1/2006:40:31

理由は簡単です。

真っ直ぐ行ける所を通過側に使用しているためです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる