乳酸菌や酵素などの効能についてなのですが胃で消化された時点で胃酸により中和、死滅され、効能が無くなったりしないんでしょうか?

乳酸菌や酵素などの効能についてなのですが胃で消化された時点で胃酸により中和、死滅され、効能が無くなったりしないんでしょうか?

数学133閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

胃酸で死ぬものとそうでないものがあります。 腸まで届くなど言ってるものがあるのはその為です

その他の回答(1件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

paipaipoonさん 食事とともに摂取した乳酸菌などは、食事したもので 胃酸が薄められるので、全部が全部死滅するわけではありません。 胃に入った食事の量などにもよりますが、一部は生き残って 小腸に送られます。 ただ、酵素については話は異なります。 酵素はただのタンパク質なので、他の食物のタンパク質と 同じように胃酸で変性を受けてしまいます。 たくさんの食物と一緒に胃に入って変性 = 失活するまでの間が きちんと働けるチャンスです。 例えば、ご飯やお餅などを食べるときに大根おろしと一緒に 食べると消化がいいのは、そのわずかなチャンスの間に 大根おろしのアミラーゼがデンプン質を酵素分解して 消化を助けてくれるからです。 サプリというか健康食品で、酵素を濃縮したとか、 酵素汁とかいったものを最近よく見ますが、 こういったものはほとんど効果はありません。 胃袋で酵素は変性を受けて、その他のタンパク質と一緒に 消化吸収されるのがオチです。 その証拠に、そういった商品で胃袋を過ぎた後の 酵素の活性が残っているものを証明したものは 一切ありません。酵素 = 健康というイメージで 商売をしている商品です。