ここから本文です

中卒風俗嬢そして現在2児の母専業主婦です。ふと時間が出来た時子供たちを見ていて...

mm030nn6さん

2015/4/1016:46:17

中卒風俗嬢そして現在2児の母専業主婦です。ふと時間が出来た時子供たちを見ていて申し訳なり涙が出てきてしまいます。こんな母親でごめんね。と。夫は過去の私を知っています。夫は高学歴一流

企業に勤めています。取り柄も何もない私がこんな話をするのをお許しください。夫とは7個差別れを考え出した18
歳の時子供ができ、私は子供を産まないとずっといいつづけましたが、産んでほしい。と言われ続け私も子育てがどういうことなのか結婚がどういうものか分からなかったということと、おろす事への罪悪感で結婚することになりました。一緒に生活するようになり子供が産まれ、違和感が出てきました。大事な話になると毎回といっていいほどだんまり。そういう話しはだいたい夫の両親が入ってくるのですが、両親が言ったことがその通りにならないと夫は何も出来なくなってしまいます。会話をしていてもコロコロと話が飛び会話にならない。父親への異常な愛情。(自分にたくさんのお金をかけてくれたからだそうです。)お金、物への執着心。昔友達をいじめた話を楽しそうに話します。自分より立場が下の人は馬鹿にします。女性はかわいくなければ何のために女として生きてるの?と。新生児の子にミルクをあげてと頼んでお風呂から出ると、哺乳瓶の蓋が開き、子供は全身ミルクまみれで体は冷えきり全身ベトベトでした。夫は爆睡。新生児を膝に乗せたまま夫が寝てしまい子供が床に落ちても気付かずそのまま。その後も小さい子供を物のように扱い今も雑さは直りません。仕事が忙しいので子供と過ごす時間も少なくそのような行動が目につかない期間もありますが、最近家にいる時間が長くなり気になるようになりました。人前では異常なほど子供に構います。私の母の前では母まで馬鹿にしてるような態度をとります。自分の両親の前では別人のような話し方をします。上司や目上の人の前でもです。なんだかロボットのようで怖くなってしまうことが多くなりました。大事な話しをしたときの黙って見つめてくる目が怖くて話せません。私に愛してると言いますが、愛情を感じた事はないといっても過言でもありません。養ってもらっているだけでも幸せな事は分かっています。しかし何だか二人なのに一人のような気持ちはずっと変わらず最近はよく離婚したいと思ってしまいます。社会経験もなく甘ったれて生きてきた私がやっぱりおかしいですか?厳しい意見でも構いません。

閲覧数:
930
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

s35733573さん

2015/4/1023:56:10

俺もそこまでは酷くないけど、子育てにはあんまりやった。。
けど、、いつも、嫁がニコニコしながらお疲れ様!今日も遅かったね!
二人とも寝ちゃったけど顔だけでも見てあげてね!とか、、
休みの日なんかには、家でゆっくりする??どっか出かけてこよーか?なんて言われたこともありました。。、
自分でゆーのも、あれですけど、、それから、仕事が忙しくても、子育てに必死になるようになりましたよ!!
あんたが悪いとかゆうてないで??
けど、、男ってゆーのは、何々してーや!!とか言われたらプライドに火がついて喧嘩になる。、
でも、いつも、嫁がニコニコしてたり、子育てを楽しそうにしたり、可愛がってたら、いつもありがとう。。たまには俺が風呂に入れるわー!ってなったよ!!
それを気づかせてくれた嫁に感謝やけどな!!子どもみてたら自分の分身みてるみたいでクソ可愛い。。(^ ^)笑

質問した人からのコメント

2015/4/11 16:42:51

素敵な奥さんですね♪私から少し変わってみようと思えました!ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2015/4/1016:53:04

旦那のことは暫く棚上げで、子供に生き甲斐を見出だしては?
子供はあなたの味方

wolf19681119さん

2015/4/1016:50:32

おかしくないです。正常な反応です。

しかし・・・離婚して生活のメドは筒立つのでしょうか?

経済的になんとかなるなら離婚もありだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。