戦国武将の斉藤内蔵助利三の馬印、または旗印をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授願えないでしょうか。 あるネットの記述には、梅鉢紋を使っていたのでは、とありました。

戦国武将の斉藤内蔵助利三の馬印、または旗印をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授願えないでしょうか。 あるネットの記述には、梅鉢紋を使っていたのでは、とありました。 しかし、梅鉢だとすると、山崎の戦いの時に、洞ヶ峠で日和見を決め込んでいた筒井順慶と同様になってしまいます。 何卒、よろしくお願いいたします。

日本史99閲覧

ベストアンサー

0

「真書太閤記」では、斎藤内蔵助利三の馬印、旗印は以下のように書かれています。(コマ番号53/362) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/881342/52?viewMode= 「斎藤内蔵助浅黄地に撫子の紋付たる旗二流吹流させ金の巴連に銀の短冊六十枚付たる馬印」 筒井順慶の馬印、旗印については、「絵本太閤記」に次のように書かれています。(コマ番号281/298) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/877972/273?viewMode= 「金の分銅の馬印諸手梅鉢の四半」 ちなみに、明智光秀は「水色に桔梗の旗四手しなへの馬印」、羽柴秀吉は「千生瓢箪の大馬印五色の吹貫」とあります。 ネットの記述で「梅鉢紋を使っていた」というのは、どこから出てきた情報なのでしょうか?

ありがとうございます。出典も明らかで、これ以上ない情報です。僕の乏しい知識では、とてもたどり着きませんでした。やはり、一次史料が読み下せないとだめですね。