ここから本文です

ミッドウェー海戦でなぜ負けたのですか? 戦力的に明らかに日本有利じゃないです...

アバター

ID非公開さん

2015/4/2413:16:19

ミッドウェー海戦でなぜ負けたのですか?
戦力的に明らかに日本有利じゃないですか(´•ω•`)

指揮官や参謀はバカばっかりだったのですか?
なぜ彼らはのうのうと生きていくことができたので

しょうか?

閲覧数:
3,744
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mit********さん

2015/4/2417:12:13

ミッドウェーの戦いで必須条件は最初に敵航空戦力を撃滅する事、これが出来ないと戦いが進行しません。

日本の航空戦力は4空母で約260機、これでミッドウェー島の攻撃と米機動部隊の撃滅が任務。

待ち受けるアメリカは、ミッドウェー陸上基地(110機)及び3空母(240機)で航空戦力は約350機。

260対350、どちらが有利か小学生でも答えられる、質問者さんはどちらが有利だと思いますか?。

もし指揮官や参謀が戦法を無視し後方に控える艦艇部隊まで含め、総数比較で日本が有利と判断していたのならバカばっかりです、緒戦の航空戦を制さない限り使えない戦力なのですから、戦い方を知らない事になります。

あれ・・・?質問者さんも日本が有利と考えていますね、何を根拠にしているのだろう、空母数だけの比較、総戦力の比較、それとも軍の錬度。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pgc********さん

2015/4/2802:09:18

戦力的にはあきらかに不利でした。
基地を背後にもつ米軍は基地に配備されている航空機を大量に投入してくるため
空母の数では勝っていても
航空機の数で負けていました。

ミッドウェー基地の規模を間違えた
本部の参謀達が敗因ですね。

JMPさん

2015/4/2518:27:44

諜報員の数にせよ暗号の解読にせよ、米国は情報の取得、保護、重要性を非常に大切にしていましたが、ミッドウェイ海戦の日本側の動きは全て米側に筒抜けだったそうです。それも敗因の一つのではなかったか、と。

ドキュメンタリーで見たんですけど真珠湾の時は零戦搭乗員は作戦の内容を最後まで…母艦に乗りこんで初めて知らされたらしいですが、ミッドウェイの時は「飲み屋のママさんも知っていた」らしいです。 破竹の勢いで連勝してきた驕りもあったと思います。

ika********さん

2015/4/2500:27:08

しょっぽくんの回答は、的を得ていて面白い。要するに私利私欲なんだよ…都合の悪いことは隠し通す、臭い物には蓋をして、指揮官の更迭をするわけでもなし…嘘の報道をして国民をも騙すなんざ愚の骨頂…そりゃ負けて当然という話なわけで。色々自分で調べてみればわかるよ…
大本営がどれだけクズ揃いか?

プロフィール画像

カテゴリマスター

kajutagさん

2015/4/2420:12:02

mitukoruさんの答えたとおり。

日本空母の戦闘機の搭載数は1隻につき18機。(加賀だけ占領後の部隊として余分にプラス9機)空母ごとに攻撃隊を編成するから、18機を攻撃用と防御用と9機ずつに分けて運用。防御ではレーダーがないから切れ目がないように3機ずつ制空隊として空に上げておき、敵の襲来がわかったら、さらに残りを上げるというシステムだったはず。

ということは、4隻の空母で艦隊を守る戦闘機は、敵の襲来が不明な段階ではたったの12機しかいないことになる。残りの24機は燃料・弾薬を補充しないと飛び上がれないし、一気に飛ばしてしまうと、それらが空母に帰ったとき、誰も守れなくなるのだ。

一方、米軍は戦闘機の数は空母1隻あたりの数が多い。また急降下爆撃機も30機以上の部隊だから、全力投入した場合、数で押し切れるのだ。(史実でもそうだ)

このことだけを考えても、日本軍の有利さなんてどこにもないことがわかる。一方的に敵を発見し、一方的に敵を攻撃し、空母の甲板に穴を開けないと、日本軍に勝利の目はないということだ。敵を発見できるか否かは運に左右されるから、艦艇数だけで有利かどうかを判断するのは早計というものだ。

2015/4/2419:28:45

くさる程検証本やら情報はある。
認識の違いで考察は異なる理論もある。

暗号が解析されてたとか、偶々(異説多々有り)
アメリカ機動部隊方面に飛ばす偵察機がトラぶったとか
有名なのは魚雷→爆弾→魚雷転換命令で現場が混乱した
(こいつも結構異説ある)という。
もっとも、雷撃機に関し元々半数は魚雷装備にしておく
ようにという命令が出てて、だけど全て爆装してたとか
…そんな話もある。人間関係的な部分もどうもあるらしく、
ようは南雲長官は駄々っ子だったとも言えるのかもしれない。
あぁ小うるさい司令がいないし、現場では現場の判断がある。
意地になってた…何てのがしっかし本当に命運分けたとするならば最悪だ。
極端な解釈でもあるが、ただこういう話は現代でもあるだろ?
リスクマネージメントに関わる人間が高給取りなのはまぁいいさ。
リスク回避出来なかったのに責任はしたくないのか誤魔化し隠蔽(;゚Д゚)!

実際ミッドウェー海戦後直ちに部隊編成すべきなのに
生き残りは事実上拘束されたとも聞くΣ(゚д゚lll)
負けた事を知られたくない為にだ、直ちに反省しなきゃ
いけないだろうに隠蔽に力を注いだともいう。敵に?
違う…自国民にだ(;゚Д゚)!ぇっ

歴史から学ぶなら的確にで、
ぶっちゃけ過去の事でさえないんだ。あの某電力供給会社と
政治もリンクしてる。あの海戦の負けた理由は何だったんだ?
そこから何も学ぼうとはしてはいない。

改めて検証するなら負けて当然だとも思える検証は多いが
何故負けたのかを反省さえしなく後にヤケクソ特攻とかに
至った事思うと何なんだ日本の歴史と思う事もある。

日本の兵士は優秀だった。
だが、位が上がる程バカになるというネタもある。
けれどそっくり現代の日本でも当てはまるんだよ。

あくまでミッドウェー海戦の勝敗ネタなら多々検索なり
本も読んでくれ。一つのネタに盲信するのは危険だ。

リアルタイムでの判断は難しいのも確かだ。
が、結果がでた事を認めず誤魔化しに奔走するような責任者が
現代でもいるって事。繰り返すが歴史から学ぶのでありゃ
こういう輩を許してはいけないとオレは思う。

しょっぽクン

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる