ここから本文です

【500枚】太平洋戦争時、零戦で長距離飛行する場合海面に近い所を飛行しなかったの...

ジョージさん

2015/4/2910:48:45

【500枚】太平洋戦争時、零戦で長距離飛行する場合海面に近い所を飛行しなかったのはなんでですか?
海面に近い所を飛べば米軍機お得意の一撃離脱もかけにくいだろうし、下からの敵機も気にせ

ずにすみます。レーダーにかかりにくい上、空気も濃いので燃料の節約も出来たと思います。
何か理由があったのでしょうか?
分かる方かお願いします。

閲覧数:
295
回答数:
7
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nmu********さん

2015/4/2911:29:22

第一に、低空飛行というのは想像以上に危険な行為なのです。
航空機は気流やわずかな操作ミスによって失速という現象を起こします。
失速は揚力を失うことで、これが起こるとガクッと高度が下がります。
高度に余裕があれば比較的簡単に立て直せますが、低空だとそのまま地面や海面に衝突して墜落してしまいます。
低空飛行というのはわずかなミスも許されない、過酷な飛行なのです。

第二に、空気が濃いということは、空気抵抗も大きいと言うことです。
このあたりは非常に難しいので詳説は避けますが、一般的に、航空機はある程度高度が高いほど燃費がよくなります。
燃費が非常に重要な現代の旅客機なども、かなり高空を飛ぶのは燃費のためです。

第三に、戦闘機にとって高度が高いほうが有利です。
たしかに海面ぎりぎりの低空飛行の場合、一撃離脱はかけられませんが、低空側から高空側に反撃するのも困難です。
高度を上げるのは、自転車で坂を上るようなもので、速度が大きく落ちますし、運動性も下がります。(高度を上げようとしているところを狙われるとひとたまりもない)
敵機に上空を取られるのは圧倒的に不利なのです。
自分も落とされないが、相手にも反撃できないのは、戦闘機としては無意味ですよね。

第四に、高度が低いと、長距離を見渡せません。
島影のないような海面上を長距離飛行すると、航空機は自位置を見失いがちです。
とくに航法要員のいない一人乗りの戦闘機の場合、海上長距離飛行は常に迷子の危険と隣り合わせです。
ですからなるべく高高度を飛んで、長距離から島影を見つけて自位置を補正したいのです。
実際、当時の海上長距離飛行では迷子がしょっちゅう起こっています。

そういうわけで、戦闘機、とくに長距離飛行をする戦闘機は、ある程度高い高度を巡航する必要があるのです。

質問した人からのコメント

2015/5/2 01:49:57

たくさんの回答ありがとうございました。
当時の搭乗員の方々の苦労が改めて分かった気がしました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2015/4/3017:15:07

低空で飛んでいると結構大変らしいです。

1度ゲームで戦闘機で低空飛行してみたら少しわかりますよ。
かなり難しいです。

dik********さん

2015/4/2912:02:24

燃料消費が過大
安全マージンがないと襲撃されたときの回避が困難で、操縦ミスにもシビア。
搭乗員の疲労が過大
そもそも必要性がない

あなたが言ってることは、ほとんどがあべこべです。

2015/4/2911:30:03

二速過給機と言うのがあって、一定の高度で最も効率よく吸気され燃費も良くなります。1速、2速とも全開高度と言うのがあって、ゼロ戦だとそれぞれ2500m、6000mくらいに設定されています。
全開高度以下だと過過給を防ぐため、せっかく圧縮した空気を捨てなくてはならずエネルギーのロスが生じます。
海面ぎりぎりだと空気抵抗が大きく、さらにエネルギーロスも生じてあまりよくないというわけ。

2015/4/2911:27:54

空中戦になった場合に、敵よりもより上空から攻撃するのが理想です。

できれば、相手から見て太陽の中から出てくるようにするのが最も良いとされています。

さらに、長距離を緊張しながら飛ぶとつい、寝てしまうそうです。

海面近くで、瞬間的に寝たら即墜落ですからね。

bou********さん

2015/4/2911:04:58

海面スレスレに飛ぶのは
最も技術と神経を要するのです。

高空を飛んでいて何かのミスで
操縦桿を誤操作しても高度が下がるだけですが、
海面スレスレの場合ドボンです。

それに敵機に上空か襲われた場合、
もはやダイブ出来ませんから、
上昇しようとするところを狙われて終わりです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる