ここから本文です

なぜTVアンテナ線は無線化されないのか? ふとした疑問・質問です。 ワンセグ...

sui********さん

2015/5/114:39:51

なぜTVアンテナ線は無線化されないのか?

ふとした疑問・質問です。
ワンセグやフルセグが見られる"端末"はありますが、インターネットの普及よりも前からあるTVがなぜワイヤレス

化しないのか疑問です。

現在は無線LANを用いることで、事実上できているようになっていますが、イヤホンのkleer方式のようなイメージで、アンテナ線側の端子に送信機、テレビ側に受信機をつけ、映像・音声情報のやりとりをさせることが可能なのではないかと思ってしまいます。

電波を受信して、屋内で再び送信するために電波化することはナンセンスだと思いますが、
そのやらない、若しくはできない理由を知っている方教えてください。

閲覧数:
2,915
回答数:
11
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jik********さん

2015/5/123:49:36

法律的な面を別にしても大変に難しいのです。

1、受信した電波と同じ周波数で再送信を行なう場合。
再送信した電波が少しでも受信アンテナに戻ってしまうとループして発信してしまいます。
(再送信のアンテナと受信アンテナは電気的に十分に離す事が必要。)
このことから実現には難しいものがあります。
(増幅なしか僅かに増幅して発射するような機器程度です。)

2、受信した周波数と別の周波数で再送信する場合。
たくさんの局を伝送するため高い周波数で行なう必要があります。
再送信側にも受信側にも周波数変換機が必要となります。

この機器は、製品が出ています。
(60GHz帯の特定小電力機器で免許等は必要ありません。)
http://www.jushin-s.co.jp/60ghz.html

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ko_********さん

2015/5/118:36:09

えっと、ずいぶん前から「再送信アンテナ(2本対向で使用)」使ってますが、今さらそれを持ち出す理由がいまいちよくわかりません。

とりあえず、なんで今さら「すでにあるもの」を持ち出したのか、その理由ってのを逆に知りたいです。

tom********さん

2015/5/117:47:47

TVアンテナで、電波を受信するのでしょ。

それから、再送信するのですか?
確かに、ナンセンスです。

受信したTV番組を、無線で再送信してはいけないという法律があるからです。

tti********さん

2015/5/116:21:19

あなたの言う「無線化」というのは・・・・

例えば現在日本の地上波テレビ放送には設定上40チャンネル(UHF13~52)があります。
アナログ放送時は62チャンネルありましたが、そのうち低周波側の10チャンネルと高周波側の10チャンネルを手放したのです。
日本の地上波テレビ放送は多いところでだいたい10チャンネルくらいは受信できます。
その周辺の地域の電波が入り込んでくることもあるし、混信を防ぐために近隣地域と使用チャンネルがかぶらないようにするにはチャンネル設定自体は40くらい用意しておくことが必要だという事は分かるでしょう。
しかし、そのために470MHz~710MHzという広範囲な周波数をテレビ放送のために占有しているのです。
放送のデジタル化で解放された周波数のうち、すでにVHF1~3(90~108MHz)はFM放送の拡張に使われているし、UHF53~62(700MHz帯)はソフトバンクに与えられています。

あなたの言う「無線化」とは、その膨大なテレビ放送の信号をさらにアンテナから各テレビ類へ再発信するという事ですか?ならば、再発信用に同程度の周波数帯を別途確保しなくてはなりません。
同じ周波数で再発信したら、それも、屋内のテレビで受信できるような強度で再発信するというならば、送信所から届いた信号よりもはるかに強い強度にしなくてはならず、周辺のアンテナへ干渉してしまって収拾がつかなくなります。
仮に別途周波数で再発信したとしても、それはそれで近隣世帯で干渉しまくってテレビでの受信が収拾つかなくなります。
ようやく周波数を解放したのに、こんな程度の事にさらに同程度の周波数を使ってしまうなんてムダです。

こういう事を防ぐために、電波の使用に関しては厳重な管理下に置かれてるんですよ。



いちおう、各家庭の壁面の端子のテレビ信号を同じ周波数で再発信する装置は販売されていますよ。
しかし、それはワンセグが見通しのいいところで数メートル先で受信できる程度のものでしかありません。
これを屋根のアンテナのそばに置いたとしても、部屋の中には入ってこれません。それどころか、下手をすると周辺世帯への悪影響だけが出るかもしれませんよ。



壁のアンテナ端子のそばにチューナー機器を置き、それを限られた無線LANの周波数帯を使って別室のモニターへ電波を使って映像信号を送るものは今も存在します。
でもそれは10チャンネルの映像をそれぞれ別に常に同時に送り続けているものではありません。ひとつの映像だけです。
いわば通常のレコーダーとテレビをつなぐ一本の有線のHDMIケーブルのかわりみたいなものに過ぎないです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

aba********さん

2015/5/116:02:21

テレビのアンテナ信号を、そのまま受信できる電波として無線送信すると放送電波の再送信と言う事になってしまい、放送免許が必要です。
電波は周波数によって使用できる利用者が決まっており、テレビの放送電波の周波数は個人で使用する事はできません。勝手に使用すると放送電波の周波数と混信してまともに受信できなくなってしまう可能性があります。そのため、総務省に届け出て認められた場合にのみ、その電波が使用できるようになっています。
ですから、アンテナ端子からその周波数のまま電波として再送信するような機器は販売できません。

電波を、いったん個人使用が認められている周波数の電波に変換して送信し、それを受信して元の周波数に変換してテレビに配信という事ならば不可能ではありません。ただし、テレビ放送の全てチャンネル分の信号をまとめて送信できるほど、個人利用可能な電波の帯域はありません。ですから、その中のチャンネルを選んで一部のみ送信と言う事になってしまいます。複数のチャンネルを見たいのであれば、いちいち送信機でチャンネルを選んで切り換えて発信するという大変に面倒なシステムが必要となり、実用的にはかなりの難があります。

現在はDLNA機能を使って、レコーダーが現在受信しているテレビ番組の映像と音声を無線LAN経由で配信すると言う事かできますので、上記のようなアンテナから電波を変換して送信して、それを受信して元に戻して視聴というシステムが開発される可能性はほぼ無いと思われます。

e20********さん

2015/5/115:57:40

電波法に抵触するから、が理由だと思います。

受信した電波を、送信するというのが、電波法でいうところの「無線局を開設する」に当たるのだと思います。

ただし、FMトランスミッターやアマチュア無線などの例外もあるので、電波を飛ばすことが全て違法というわけではないと思いますが、TVの電波はそれらの例外の規格では受信できず、受信するためには、違法になってしまう、のではないかと思います。

過去に、そういう商品があるというので、探したことがありますが、そのホームページにいくと、「技術的に開発までこぎ着けることができませんでした」的なことが書いてありました。違法だということに途中で気付いたのではないかと思います。

参考までhttp://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/denpa/denpatyuukei/denpahou.htm...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる