ここから本文です

中国とイギリスのアヘン戦争って、どう考えてもイギリスが悪いですよね? 結果 ...

asi********さん

2015/5/302:14:38

中国とイギリスのアヘン戦争って、どう考えてもイギリスが悪いですよね?

結果
香港島割譲
賠償金2100万$を四年分割で支払う
広州、福州、廈門、寧波、上海の5港開港
公行の廃

止による貿易完全自由化。

イギリスだけでなく、何故かアメリカやフランスとも不平等条約結ぶことに(笑)

中国人は韓国人と同じで「歴史!歴史!」うるさいですが↑のような事は今の中国人は知らないのですか?

あと、韓国人はなんで中国やモンゴルに「歴史!歴史!」言わないのですか?

閲覧数:
279
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nig********さん

2015/5/307:20:03

アヘンを取り締まった林則徐を見捨てた、切り捨てたのは中国なんだがね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

lzp********さん

2015/5/302:40:24

イギリスが悪い、というのはあくまでも現代における価値感を基準としたもの。
当時の中国大陸は、繰り返す易姓革命の弊害により国家の体を成しておらず、そこに侵攻した列強各国は自ら自国民や自国の権益を守らねばならなかった。
加えてイギリスでは中国からの慢性的な入超状態にあり、均衡を図るためにアヘンを売りつけたというのが実態だ。

これは確かに現代の価値感で計ると「悪いのは一方的にイギリス」となりそうなのだが、中国や中国人が早急に中華的思想を捨て、国家としての強化や自衛を企図する、みたいなことに目覚めていれば防げていたかも知れない状況ではある。

現に日本においては列強による侵攻を一度は防げた。

そもそも当時は人種差別が当たり前の世の中であり、その中では中国人をはじめ、アジアの有色人種国家に対して、白人国家には対等意識なんて微塵もなく、むしろ別の生き物の巣窟であるかのように考えていた時代だ。

そこに現代の価値感を持ち込んでもあまり意味がない。

中国が旧列強諸国に文句言わないのは別に理由がある。

それは、第二次大戦終結と同時に「エセ戦勝国」になるためにアジア諸国を裏切り、白人国家に阿ったことに触れられたくないからである。

また、欧米列強をを悪く言うことは相対的に戦前・戦中の日本を正当化することにつながり、「日本は邪悪、悪いのは全て日本」という、現代中国存立の基点を喪失してしまうことになる、という理由もある。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる