ここから本文です

MTB用のオイルダンパーを見かけないのはなぜですか? エアのが主流なのは理由があ...

goo********さん

2015/5/416:20:22

MTB用のオイルダンパーを見かけないのはなぜですか?
エアのが主流なのは理由があるのですか?

補足自転車歴が1年ちょっとと短いので現物を知りませんでした。FOXというのを見たのですが中にコイルスプリングが入ってエアの抵抗で減衰しているのだと思っていました。

閲覧数:
1,221
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

no_********さん

2015/5/417:15:25

質問の内容に大きな齟齬があるのですが、サスペンションフォークやリヤサスペンションユニットのダンパーは殆どオイルダンパーですよ?
エアダンパーのサスペンションというのは、自転車に限らず自動車やオートバイや鉄道や飛行機の着陸脚にも見た事がありません。
サスペンションとダンパーの違いが理解できていないのでしょう。
サスペンションとはエアチャンバーや金属スプリングの伸縮動作で衝撃を吸収する緩衝装置の事で、ダンパーとは緩衝装置だけだと吸収した衝撃エネルギーが減衰するまで揺動が止まらなく成ってしまうのを、緩衝装置のエネルギーを吸収する減衰装置の事です。

安物のサスペンションだとオイルダンパーを使わずにグリスを詰めたりして、サスペンションの動きを鈍くしたりエラストマー樹脂等で減衰させてますが、これだと一切調整が出来ないので、高価なサスペンションユニットではオイルと高圧にした気体を封入したシリンダーと通過流量調整可能なピストンで構成された減衰装置を持っているのが普通です。

質問した人からのコメント

2015/5/8 23:18:17

わかりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

f3k********さん

2015/5/417:00:22

「ダンパー」はオイルです。
「エア」なのはスプリング部分です。

安価なサスはコイルスプリング+フリクションダンパー
高くなるとエアスプリング+オイルダンパーな組み合わせになります。

k_n********さん

2015/5/416:43:45

オイルダンパー
それ相応の性能を求めると重くなるからじゃないですか?
エアサスは、軽く作れる事と、初期入力時は柔らかく底付き付近では固く踏ん張る特性からも
選ばれてるんじゃないですか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる