ここから本文です

生後半年の子犬用ドッグフードとして、ユーカヌバ、ホリスティックセラピー、サイ...

god********さん

2015/5/523:33:15

生後半年の子犬用ドッグフードとして、ユーカヌバ、ホリスティックセラピー、サイエンスダイエット、ロイヤルカナンのどれかを購入しようと思っています。
理由も含めてどれがおすすめですか?

ちなみに犬種はシーズーです。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
688
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tos********さん

2015/5/601:01:11

まず確認ですが「ホリスティックセラピー」ではなく「ホリスティックレセピー」ですよね?ホリスティックレセピーと理解してお話を進めさせて頂きますね。

減点法で考察しました。
ユーカヌバ=嗜好性は高いが、その分脂質が多く高カロリー。他のフードより少なめに与えないと肥満になりやすい。

サイエンスダイエット=このフードを勧める意味が分かりません。例えばこのフードを勧める動物病院は多いですが「どうして先生はこのフードを薦めるのですか?」と質問してみてください。おそらく納得のいく回答は得られません(なぜなら公に言えない大人の事情があるからです。私も書けません…(^^;))以前フライデーにサイエンスダイエットを食べた犬が何頭も胃捻転で死んだとの記事があり不安になった飼い主さんも多数います。アメリカでは訴訟問題まで発展しました。

ロイヤルカナン=厳選された原材料やフードとしての完成度は高く、一時期は他のフードメーカーが追いつけ追い越せと技術や開発の目標にされたフードです。そしてホリスティックレセピーもロイヤルカナンを意識したフードですが、日本特有の気候や環境を念頭におき、日本専用のオリジナルフードとして開発、アメリカで製造、それを輸入…のメーカーです。しかしながら、今や「青は藍より出でて藍より青し」の諺よろしく、ナチュラルチョイスのシュプレモやビルジャックなどロイヤルカナンを越える商品も少なくありません。何はともあれ、ロイヤルカナンの最大のデメリットは、犬種毎に種類を広げ過ぎて収拾がつかなくなり、結果的にチワワちゃんなのにダックス用のフードしか食べなかったり、シーズーちゃんがプードル用のフードを食べてたり…と、もうしっちゃかめっちゃかで企業戦略失敗のなれの果てのような気がします。

上記のフード以外も含めて今まで何社も試したり、実際に自分で試食したり、メーカーの営業マンに質問責めしたり…して結論は、あくまでも極めて個人的な見解ですが。
ビルジャックパピー>シュプレモパピー>ホリスティック>ロイヤルカナン>ユーカヌバ。サイエンスは無しです。こんなんでました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる