ここから本文です

JALのタッチアンドゴー、ANAのスキップサービス、どちらの会社が先に始めたのです...

vcn********さん

2015/5/1107:32:43

JALのタッチアンドゴー、ANAのスキップサービス、どちらの会社が先に始めたのですか?

世界で最初に、このようなサービスをはじめた会社はどこですか?

閲覧数:
264
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2015/5/1107:48:43

JALとANAでは、ANAが先です。世界で最初は分かりません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tk_********さん

2015/5/1321:53:41

JALのタッチアンドゴーが一番初めです。
おそらく世界で一番早いです。
この時期に紙のチケットを用意しなくても(ICカードをかざして)搭乗できる仕組みを提供していたのはJALだけでした。
JALは導入当初からの運用方法を継続しています。
ANAは少し違った運用方法で開始し、その後(昨年)運用方法をJALとほぼ同じ仕組みに変えました。(搭乗控えの出力タイミング等)

紙に印刷されたバーコードをスキャンして搭乗する仕組みはもう少し前から外国の航空会社で実施されていましたが、これでは手順が多いのでタッチアンドゴーとは言えないですね。

bac********さん

2015/5/1117:42:38

ん~っと

ANAのSkipサービスと、JALのタッチアンドゴーを比較すると
JALのタッチアンドゴーの方が先ですね

導入時期は他の回答者さんの通り

ANAのSkipサービスの前身スマートeサービスはJALのタッチアンドゴーより早かったですが、こちらは自動チェックインなり、自宅で事前に搭乗券の印刷なりをしなければならないタイプなので、質問者さんの言うタッチするだけタイプとはちょっと違いますね。

fre********さん

編集あり2015/5/1113:28:15

日本航空icサービス
2005年2月15日
全日空icサービス
2006年9月1日
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/SKiPサービス

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/JAL_ICサービス

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる