ここから本文です

シャープって赤字なんでしょ? 赤字なら法人税納めなくてよいのに なんで中小企...

suu********さん

2015/5/1417:31:41

シャープって赤字なんでしょ?
赤字なら法人税納めなくてよいのに
なんで中小企業なみの資本金に減資する必要があるのですか?

閲覧数:
393
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iga********さん

2015/5/1418:04:06

外形標準課税で赤字でも課税されます。
中小企業は対象外です

1. 法人事業税は、企業がその活動を行うにあたって地方自治体より各種の行政サービスの提供を受けていることから、これに必要な経費を企業が分担すべきであるという考え方にもとづく税であり、法人の事業そのものに課される税です。したがって、課税標準(税額決定の算定基準となるもの)は、法人の事業活動の規模をできるだけ適切に表すものであることが望ましいとされています。

2. 従来の法人事業税は、原則として法人の所得を課税標準としていたため、事業活動の規模との関係が必ずしも適切に反映されていないと、かねてより指摘されていました。

外形標準課税とは、事業所の床面積や従業員数、資本金等及び付加価値など外観から客観的に判断できる基準を課税ベースとして税額を算定する課税方式のことです。

そもそも法人事業税は、法人の行う事業そのものに課される税であり、企業はその活動を行うにあたって地方自治体から各種の行政サービスの提供を受けています。このためこれに必要な経費を分担すべきであるという考え方にもとづく税です。必要な経費の分担という意味において所得のみを基準とする従来の方式には問題があり、法人の事業の規模ないし活動量を基準に課税するという外形標準課税が求められていました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yn_********さん

2015/5/1420:15:04

iganonanjaさんの回答に追加しますと、資本金1億円超の会社は、法人税上の繰越欠損金の使用に大きな制限があるのです。具体的には、繰越欠損金控除前の所得の80%(平成27年4月以降に開始する事業年度は65%、平成29年4月以降開始年度は50%まで)に制限されています。
これに対し、資本金1億円以下の会社は繰越欠損金の使用に制限はありません。

会社法の長年の改正によって、資本金の意味はどんどん薄れてきてきます。にもかかわらず、総資産や留保金にかかわらず資本金のみを指標に税制上の優遇を与えるのは、不合理と思います。

また、穴のある法律を放置しておいて、企業が活用しようとしたら文句をつけるというのは、国会議員として如何なものかと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる