ここから本文です

日米修好通商条約の開港地に新潟がありますよね?日本史としてもあまり出てこない...

ker********さん

2015/5/2018:55:39

日米修好通商条約の開港地に新潟がありますよね?日本史としてもあまり出てこない新潟はなぜこの時に開港地になるのですか?また、なぜ開港日時が1860年から1869年まで延期されたのですか?

閲覧数:
669
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mek********さん

2015/5/2020:08:22

アメリカは日本の地理も産業も何も知らなかった。地図だけ見て、とりあえず日本海側にもひとつ唾をつけておこうかという軽いノリがあっただけ。
まだ江戸時代です。鉄道も工場も何もない。今後日本がどう発展していくのか。日米貿易においてどんな産品が輸出入の対象になるのか。そういったことが何も分からない段階で、とりあえず開港地を決めた。それだけなんです。

条約を結んだ後で、日米どちらにとっても新潟はもうどうでもよくなっちゃいましたってこと。

質問した人からのコメント

2015/5/24 20:05:10

皆さんご回答ありがとうございました。
一番わかりやすく簡潔だったので、ベストアンサーにしたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kum********さん

2015/5/2022:49:01

開港の予定は神戸と同じで、当初は67年(慶應3年)の12月7日です。これが翌年3月9日に延期されたのです。新潟奉行は白石忠太夫で江戸に居て、新政府軍である北陸道軍の進展に合わせ4月には奉行を辞める事も頭に奉行所の引き上げ準備をしていたのです。ところが既に列藩同盟が作られ、しかもその支配下に置かれようとしていた為、新潟市民にが最も怖れていた会津藩が来る事を阻止しようと考えました。そこで庄内藩であればと交渉に行く訳です。しかし新政府も開港の延期を受けいれず、事実上は武器弾薬の輸入港としてプロシア人の貿易商などの船が入って来ました。つまり新潟港は列藩同盟の下で開港しています。(新潟市史より)

aji********さん

2015/5/2021:51:05

まず新潟は大陸に向けた表玄関口ですよお。

そして日本の海上物流のメインルートは日本海ルートです。
当時の帆船、機帆船では海流を利用しますから、潮に乗って北上してくる日本海ルートでは途中に太平洋側の横浜に相当する関東信越中部とを繋ぐ港を作ってやらねばなりません。

だいたい「日本史としてもあまり出てこない」というなら、指弾すべきは神戸と横浜、函館でしょうよ。
どれも歴史に出てこない海っぺりの寒村ですけどw 対して新潟は当時の要衝でっせ? 悪代官に賄賂を渡すのが「越後屋」なのは伊達じゃありませんぜえ。

mug********さん

2015/5/2021:26:05

新潟開港が遅れたのは港の水深の問題など整備する必要があったからです。その後幕末の北越戦争時のごたつきでさらに遅れたわけです。
新潟はアメリカよりロシアが開港を望んだ港ではないでしょうかね。ロシア側からは函館や新潟は距離的に利がありますから。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる