ここから本文です

交通事故にかかった保険金額② 車屋が出した、保険代理店を間に仲介して取り寄せ...

lea********さん

2015/5/2117:06:28

交通事故にかかった保険金額②

車屋が出した、保険代理店を間に仲介して取り寄せた見積書を撮した写真画像を添付します。

他に保険会社から送られてきた、車屋に払った額、223,460円が書かれた書類がありますが、車屋が出した見積書の修理費総額が189,440円なので差額が代車費用ということだと思います。
追加で取り寄せが必要でした。

①で添付した写真の、車体中央部分に少しの凹み、それとすぐに警察に通報して現場の確認をした後に写真の事故車を運転して相手は事故現場から離れたので、私の実感としてはどこにそんなに保険金額が高額に成るのか、考えあたる根拠が全くありません。

見積書,車屋,保険金額,事故車,質問者,保険代理店,被疑者

閲覧数:
115
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tes********さん

2015/5/2118:49:54

後方からの追突であれば、質問者さんの過失が10割です。

交通事故では加害者と被疑者で過失割合を決め、被疑者に過失があればその割合に応じて車両の補償費が減額されますが、質問者さんが10割の加害者なので、被害額の全額を負担しなければなりません。

物損だけで済んで良かったですよ。
ここは大人しく全額を支払って、心証を良くした方が利口です。
被疑者の心証を損ねて、後からむち打ちの症状が出たなんてごねられたらどうします?
現実に10キロで衝突しても、後からむち打ちの症状が出るケースはありますからね。

被害に遭った車両の修理費や代車の費用などで苦労されているというのは、任意保険に加入してなかったのでしょうか。
任意保険に加入していれば、物損だけなので、保険会社に丸投げで済むのですが。

今まで保険を掛けていなかったなら、その分の負担がなかったのですし、
20万そこそこの金額なら高くはなく、ぼってもおらず妥当です。
板金だって安くはないし、軽自動車は衝撃に弱い。

被疑者は質問者さんに衝突されなければ平穏な日常を送っていたはずであり、自動車修理や代車の手配などに駆け回って、迷惑を蒙っています。
慰謝料が請求金額に含まれていると考えれば、安いと言わざるを得ません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる