ここから本文です

野球のジャッジへの抗議について

e0308kjsさん

2015/5/2223:41:23

野球のジャッジへの抗議について

審判への抗議(ストライクかボールか、アウトかセーフかなど)はルール上禁止されているにも関わらず、今のプロ野球では黙認されています。こんな曖昧な規則運営に疑問を感じるのですが、NPBなど関係団体は改善する気はないのでしょうか?

またMLBでもジャッジへの抗議というのは普通のことなのでしょうか?メジャーリーグの状況も教えてください。

閲覧数:
117
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

w152958さん

2015/5/2519:08:23

「黙認」
とは違いますよね。

>>審判への抗議(ストライクかボールか、アウトかセーフかなど)はルール上禁止されている<<

これは、当然プロ野球においても、審判員、選手、監督コーチ、全員が理解しています。
そして、抗議しても判定変更はありえないことも承知しています。

抗議(の態度を見せる)のは、
・自分(選手)に対する査定を悪くさせないため。
・微妙な判定に対して、抗議態度を見せないとフロントから突き上げがくる(監督の場合)
・ファンに対するガス抜き。
・選手の努力を認め、チームの士気低下を防ぐため。

これらを目的として、「形式的」に行われるものです。
しかし、一生懸命プレイした選手や、「真実を見た」(と信じ切っている)監督が、熱くなってしまい、度を超すケースも多見しますが。

いずれにしても「ジャッジが覆る」と思って抗議する人は皆無です。

ただ、この前のインフィールドフライの一件のように、「ジャッジの誤り」ではない「規則運用の誤り」の場合は訂正されることはあります。
最近では、無走者のケース等では、裁定変更しても他に影響を及ぼさない場合は、クルー協議の結果、訂正することも見られるようになってきましたが、他に影響が出るケースでは変更はあり得ません。

審判員の著書に書かれていたのですが、
監督とて、一試合ずっとプレイを凝視している訳ではないので、微妙な判定のプレイが起きた時に、見ていなかった事もある訳です。
コーチに「今のプレイは抗議に行っといた方がいいですよ。」
と言われて監督がベンチから出たものの、
審判員に「今なんかあったの?よく見てなかったんで。」
というケースも少なくないそうです。
その場合、プレイの流れを説明し、おしまい。

メジャーの場合は「監督と審判員の怒鳴りあい」が名物になっていますが、これも「名目上のファンサービス」あるいは「選手に対する賛辞」であり、
実際はまったく関係ない話をただ大声で言い合ってるだけのこともあると聞いたことがあります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。